ニュース
» 2020年10月14日 05時11分 公開

「5G」に「mini」も iPhone 12シリーズはココが新しい 発表内容まとめ

「iPhone 12」シリーズがついに発表された。ラインアップは「iPhone 12」「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」。全て5Gに対応し、iPhoneで初めて「mini」を冠するモデルもそろえた。

[田中聡,ITmedia]

 「iPhone 12」シリーズがついに発表された。ラインアップは「iPhone 12」「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」と、同時に発表するモデル数としては過去最多の4機種が登場した。iPhone 12シリーズは何が新しく、それぞれどんな違いがあるのか。簡単にまとめた。

iPhone 12 「iPhone 12/12 mini」
iPhone 12 「iPhone 12 Pro」と「iPhone 12 Pro Max」

 最も大きなトピックといえるのが、モバイル通信が「5G」に対応したこと。一部の国ではミリ波にも対応し、理論値で下り最大3.5Gbpsの通信が可能。日本ではNTTドコモ、au、ソフトバンクの5Gネットワーク(Sub-6)をサポートしている。

 デザインはiPhone 11シリーズの丸みを帯びた形状から、エッジが角張った形状に変更。カラーはブルーやパシフィックブルーといった青系統の色が追加された。カラーはiPhone 12/12 miniがブルー、グリーン、(PROCUCT RED)、ホワイト、ブラックの5色、iPhone 12 Pro/12 Pro Maxがパシフィックブルー、ゴールド、グラファイト、シルバーの4色。

iPhone 12 iPhone 12とiPhone 12 mini
iPhone 12 iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Max

 iPhoneでは初めて「mini」を冠するiPhone 12 miniは、4機種の中で最も小さい5.4型ディスプレイを搭載。他はiPhone 12とiPhone 12 Proが6.1型、iPhone 12 Pro Maxが6.7型となる。4機種とも、より高輝度かつ高コントラストな「Super Retina XDRディスプレイ」や、耐落下性能が4倍向上したという「Ceramic Shield」を採用している。

iPhone 12 iPhone 12 miniについてAppleは「世界で最も小さく、薄く、軽い5Gスマートフォン」とアピールする

 価格はiPhone 12が8万5800円から、iPhone 12 miniが7万4800円から、iPhone 12 Proが10万6800円から、iPhone 12 Pro Maxが11万7800円から。

 4機種ともプロセッサは「iPad Air(第4世代)」と同じ「A14 Bionicチップ」を搭載する。Appleは「現存するスマートフォン用プロセッサよりも最大で50%高速」とアピールする。

 アウトカメラの構成はiPhone 12/12 miniとiPhone 12 Pro/12 Pro Maxで異なる。iPhone 12/12 miniが1200万画素の広角+超広角の2眼なのに対し、iPhone 12 Pro/12 Pro Maxは1200万画素の広角+超広角+望遠の3眼で、新たにLiDARスキャナーも備えている。これにより、ナイトモードでの背景ボカシが可能になり、暗い場所でより素早くAFが可能になる。また、インカメラでもナイトモードが利用可能になった。

 マグネットを用いたワイヤレス充電「MagSafe」にも新たに対応した。オプションの純正ケースもこの機構に対応したものが新たに用意される。

 セキュリティ機能としてFace IDは引き続き利用できるが、Touch IDは残念ながら対応しない。

 従来のiPhoneにはLightningケーブル、ACアダプターとEarPods(Lightning接続のイヤフォンマイク)が付属していたが、iPhone 12からは「環境保護の観点」からACアダプターとEarPodsの付属を取りやめる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう