世界を変える5G
連載
» 2020年11月03日 08時00分 公開

注目ポイントは「5G」だけじゃない! iPhone 12/12 Proのデータ通信をチェック!5分で知るモバイルデータ通信活用術(2/2 ページ)

[島田純,ITmedia]
前のページへ 1|2       

iPhone 12シリーズのインターネット共有は「Wi-Fi 5」に対応

 先述の通り、Wi-Fi経由のインターネット共有では、iPhone 12/12 ProとiPhone 11 Proの速度差が大きく出ました。これは、Wi-Fi経由のインターネット共有においてiPhone 12シリーズではWi-Fi 5(IEEE 802.11ac)を利用できるようになったことが影響しています。

 従来のiPhoneでは、Wi-Fi経由のインターネット共有において2.4GHz帯のWi-Fi 4(IEEE 802.11n)を利用していました。理論上の最大通信速度は144Mbpsで、5Gはおろか、現行のLTE(LTE-Advanced)さえ通信速度を生かしきれずにいたのです。

 それに対し、iPhone 12シリーズの場合、Wi-Fi 5でインターネット共有を使うと、理論上の最大通信速度が867Mbpsと約6倍に高速化します。

 5Gに対応したことが大きなウリとなっているiPhone 12シリーズですが、現状では5Gエリアは限られます。当面の間は、Wi-Fi 5対応のインターネット共有の方が、より多くの人にとってメリットになりそうです(もちろん、5Gエリアで使えるとより高速ですが)。

インターネット共有 iPhone 12シリーズでは、Wi-Fi 5によるインターネット共有に対応(写真のピクトの「5G」は、モバイル通信の「5G」を指します)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー

2022年