世界を変える5G
ニュース
» 2020年11月05日 16時30分 公開

ドコモが「eスポーツ」事業に参入、「PUBG MOBILE」などで大会運営

NTTドコモが「eスポーツ」事業への参入を発表。スポーツリーグ「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON 1」の運営や、2021年に「League of Legends:Wild Rift」の大会の開催も予定する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモは、11月5日に「eスポーツ」事業への参入を発表。5Gを活用した臨場感のあるVR・AR視聴体験や高速・大容量通信による快適なプレイ環境を提供し、eスポーツ産業を盛り上げるとしている。

 まずはバトルロイヤルゲーム「PUBG MOBILE(ピーユービージーモバイル)」のeスポーツリーグ「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON 1」の運営を開始。プロ選手も招き、年間を通じて試合を開催する。フェーズ1は2021年2月〜2021年4月、フェーズ2は2021年7月〜2021年9月に行い、シーズン賞金総額は3億円のほかプロ選手全員に対して年間350万円以上を保証する。

 開始に先がけ、本リーグに参画する法人チームオーナーを募集する。募集チーム数は16チーム(1チーム5人以上/7人まで登録可能)で、一次締め切りは11月27日。また、11月18日に参画を検討している法人チームオーナーを対象としたオンライン質問会も行う。

 2021年にはRiot Games(ライアットゲームズ)とのパートナーシップにより5対5のMOBA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)「League of Legends:Wild Rift」の大会の開催も予定。なお、現時点でLeague of Legends: Wild Riftはチームオーナー募集を行わないという。あわせて、それぞれのリーグ・大会へのスポンサーも募集している。

NTTドコモ eスポーツリーグ・大会の概要

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう