ニュース
» 2020年11月17日 11時00分 公開

NTTのドコモに対する株式公開買い付けが終了 ドコモを完全子会社化する手続きを開始へ

NTTが進めてきたNTTドコモ株式の公開買い付けが終了した。今後、NTTはドコモの完全子会社化に必要な手続きを進める。

[井上翔,ITmedia]

 NTT(日本電信電話)は11月17日、同社の子会社であるNTTドコモの株式に対する公開買い付け(TOB)の結果を公表した。買い付けの下限数である1468万6300株を大きく上回る8億1501万5044株の応募があり、その全数を11月24日から順次購入する。

 TOBに応募した株式を全て買い取ると、NTTはNTTドコモ株式の約91.46%を保有することになる。今後、同社はNTTドコモを完全子会社とするための手続きを開始する。この手続きが行われた場合、NTTドコモの株式は所定の手続きを経て上場廃止となる。

 なお、このTOBが成立しなかった場合、NTTドコモは11月24日に臨時株主総会を開催し、株式併合(複数の株式を1株にまとめる手続き)と単元株式数の廃止を決議する予定だったが、TOB成立を受けて中止することになった。

臨時株主総会 NTTドコモが11月24日に開催する予定だった臨時株主総会は、NTTによるTOB成立に伴い中止に

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう