今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2020年11月19日 17時32分 公開

店舗の混雑状況でdポイント進呈率が変動 ドコモと九州大学が共同研究

NTTドコモと九州大学は、店舗内の「密」を防ぐ共同研究を実施。テークアウトや混雑時間帯を避けた来店でボーナスポイントを進呈するメッセージを送り、実際に行動したユーザーへdポイントを付与する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモと九州大学持続的共進化地域創成拠点は、11月19日に店舗内の「密」を防ぐ共同研究を実施した。

NTTドコモ NTTドコモと九州大学持続的共進化地域創成拠点が店舗内の「密」を防ぐ共同研究を実施

 本共同研究では九州大学伊都キャンパスの学生約1500人がモニターとなり、伊都キャンパス内の飲食店や小売店店舗で実施。店舗に来店、または来店が予測される学生モニターへテイクアウトや混雑時間帯を避けた来店でボーナスポイントを進呈するメッセージをアプリで配信し、3密回避の行動を促進する。

NTTドコモ アプリのイメージ

 テークアウトを利用する、混雑時間外へ来店時間を変更したモニターにはdポイントを進呈する他、混雑状況に応じてdポイント進呈率を即座に変える「ダイナミックプライシング」を導入。混雑度は店舗に設置したセンサーからデータを収集して混雑を可視化する九州大学の技術と、店舗周辺の混雑状況が把握できるドコモの「モバイル空間統計」を掛け合わせて予測し、これに合わせて最適なポイント進呈率を算出する。

 今回の共同研究で得られた成果を踏まえて、混雑予測とダイナミックプライシングのアルゴリズムの高度化を図り、2021年度中にドコモが商用サービスとして提供する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう