レビュー
» 2020年11月27日 06時00分 公開

「iPhone SE(第2世代)」から「iPhone 12 mini」に乗り換えた理由 これぞ求めていた小型スマホ(2/3 ページ)

[石井徹,ITmedia]

重心を動かさずに片手操作できるギリギリのサイズ感

 何より、片手持ちで操作できるサイズ感が良い。筆者の手のサイズは成人男性にしては小さめだが、iPhone 12 miniの5.4型ディスプレイなら、普段の持ち方で重心を変えずに画面上部に親指が届く。

iPhone 12 mini iPhone 12 miniの片手で握れるコンパクトさがうれしい

 ただし、近年のiOSでは画面上部を触る操作はそれほど重要ではない。かつてのiOSでは画面上部に「戻る」ボタンが配置されることが多かったが、近年のiOSでは画面下部にメニューバーに配置されるのが主流だ。とはいえ、Gmailなどごく一部のアプリや、コントロールセンターを呼び出すときには、やはり上部をタッチする必要がある。

iPhone 12 mini 上部のタッチ操作は「簡易アクセス」機能を使うとより快適だ

 また筆者の場合、寝転びながら動画を鑑賞することが多い。iPhone 12 miniではそうした状況でも便利だった。多くの大画面スマホでは、片手で支えるような持ち方には不向きでスタンドを使うことになるが、iPhone 12 miniなら片手でがしっと手持ちしたままホールドできる。

iPhone 12 mini コンパクトサイズながら内蔵スピーカーは小気味よく鳴る。寝転がりながらの動画鑑賞も快適だ

 本体が薄く軽いということは、ケースを装着しても重くなりにくいということでもある。筆者はApple純正のMagSafe対応レザーケースを入手して使っているが、ケース装着時でも実測155gで持ち歩ける。

 MagSafe ウォレットを追加で装着しても実測202gとギリギリ許容範囲だ。厚みがでる一方で重心が下部に偏るため、ホールド感は悪くない。ただし、Apple純正のケースは側面まで覆うタイプのため、横幅が若干増してしまう。コンパクトさとスタイリッシュなデザインを生かすなら、できればケースなしで持ち歩くのが理想だとも思う。

iPhone 12 mini Apple純正のMagSafe対応iPhone 12 miniレザーケースを装着したところ
iPhone 12 mini MagSafe レザーケースとウォレットケースにプラスチックカード3枚を入れると実測202g。重さのメリットは失われるが、重心が下側に寄るので縦持ちが安定する
iPhone 12 mini MagSafeでケースを装着したまま充電可能。充電しながら使いたいときには便利
iPhone 12 mini MagSafe レザーケースは外周まで覆うタイプ。数mm横幅が増すため、片手で握るのは若干難しくなる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう