連載
» 2020年12月05日 08時05分 公開

石野純也のMobile Eye:ドコモの激安「ahamo」で携帯業界に激震も、“料金プラン”扱いには疑問 (1/3)

ドコモは若者をメインターゲットに据えた「ahamo(アハモ)」を発表。料金は、20GBのデータ容量に5分間の通話定額が付いて月額2980円(税別)と、他社より低い水準の料金を打ち出した。同じ2980円の楽天モバイルよりも優位性は高い。一方、既存ドコモユーザーの移行は限定的とみられる。

[石野純也,ITmedia]

 政府の意向を受け、UQ mobileやY!mobileといったサブブランドに20GBプランを用意するKDDIとソフトバンクに対し、ドコモが打ち出したのは、メインブランドの“新料金プラン”だった。同社は12月4日に、若者をメインターゲットに据えた「ahamo(アハモ)」を発表。料金は、20GBのデータ容量に5分間の通話定額が付いて月額2980円(税別、以下同)と、他社より低い水準の料金を打ち出した。ドコモが最安料金を打ち出したことで、業界には激震が走っている。

ahamo 20GBで2980円の超低価格を打ち出した「ahamo」。提供開始は3月を予定する

デジタルネイティブに向けた“新料金プラン”のahamoで激安料金を打ち出したドコモ

 ahamoは、いわゆるデジタルネイティブ世代に向けた、新料金プランだ。ドコモは、従来の「ギガホ」や「ギガライト」を「プレミア」というくくりに位置付けし直し、それとは別建ての料金ブランドとして、ahamoを発表した。料金プランと銘打たれているものの、サービス内容まで大きく異なるため、実態としては他社のサブブランドに近い。「システムが間に合わなかった」(代表取締役社長 井伊基之氏)ため、ドコモからの移行も当初はMNP扱いになってしまうが、手数料などは無料だ。

ahamo 料金プランを3つのコンセプトに分け、新プランとして投入する
ahamo システム開発の遅れから、当初はドコモ内のプラン変更でもMNP扱いになるという。なぜ「MNPとしてなら3月に間に合うのか」は説明されなかったが、恐らくサブブランドにすることを想定していたとみられる

 料金は2980円。ここには、20GBのデータ通信量や5分までの音声通話定額も含まれる。20GBを超えた際には速度制限がかかり、1Mbpsでの通信になるが、1GBあたり500円で高速データ通信容量を追加できる。音声定額の時間制限がなくなる「かけ放題オプション」は、1000円で追加可能だ。さらに国際ローミングも、この容量範囲内なら無料で利用できる。対象となる国や地域は82と、従来の「パケットパック海外オプション」の200より少ないが、恐らくこれは、接続料の安いキャリアに絞ったためだろう。

ahamo
ahamo
ahamo 料金は2980円。ここに20GBのデータや、5分以内の通話定額が含まれる
ahamo 国際ローミングも、国や地域を絞り込んで無料化した

 各種手数料も無料化した。新規契約事務手数料、機種変更手数料、MNP転出手数料は全て撤廃されており、ユーザーが気軽に契約できる。受け付けはオンラインに限定。契約後の各種手続きも、原則としてWebや専用アプリで行う仕組みだ。ショップなどのリアルな場は活用せず、オンラインに特化したのも、デジタルネイティブ世代向けをうたう理由だ。同時に、オンラインなら、代理店であるドコモショップを介す必要がなくなり、コストダウンにつながる。2980円という低料金を実現するには、これも欠かせない要素だ。

 dアカウントや、それにひも付くドコモの各種サービスは利用できるが、その他のサービスも、従来のプランと比べて簡素化されている。キャリアメールがなくなるのが、その1つ。ドコモの料金プランの1つとされているが、ファミリー割引のグループからは外れる他、ドコモ光とのセット割も提供されない。実態はサブブランドに近いと述べたのはそのためで、単なる料金やデータ容量の違いだけでなく、サービス内容にも深く踏み込んでデジタルネイティブ世代に向けて再整理したのがahamoといえる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう