ニュース
» 2020年12月03日 15時20分 公開

ドコモが「5Gギガホ」など既存プランの内容を見直し 12月中に詳細を発表へ 格安プランはMVNOとの連携を軸に検討

NTTドコモが、「5Gギガホ」を始めとする既存料金プランの内容を見直し、12月中に詳細を発表することを明らかにした。20GB未満の小容量ユーザーに対するプランについては、MVNOとの連携を軸に検討を進めるという。

[井上翔,ITmedia]

 既報の通り、NTTドコモは12月3日、新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表した。

 同日に行われた記者会見において、同社の井伊基之社長は既存プランの見直しも合わせて行い、12月中に詳細を発表することを明らかにした。

井伊社長 NTTドコモの社長として初めての発表会に臨む井伊基之氏

 同社では、ahamoは「オンライン手続きに特化した中容量の新プラン」という位置付けた。それに対し、5G契約向けの「5Gギガホ」「5Gギガライト」、Xi(LTE)契約向けの「ギガホ」「ギガライト」はフルサービスの「Premier(プレミア)プラン」と位置付け、現行プランが持つ「みんなドコモ割」や「段階制料金」(5Gギガライト/ギガライト)などのメリットは堅持しつつ、よりお得に利用できる方向で検討を進めているという。

 なお、データ通信量が20GB未満となる「小容量プラン」の提供ついては、MVNOとの連携を軸に検討を進めているという。

ドコモ 「Premier」に位置付けられた従来プランについては、12月中に見直しの詳細が発表される予定。一方、「Economy」はMVNOとの連携を軸に検討しているという

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう