ニュース
» 2020年12月15日 11時30分 公開

Apple Watchで心肺機能の通知が受信可能に watchOS 7.2で

Appleが12月15日に配信した「iOS 14.3」と「watchOS 7.2」では、心肺機能が低下したときに、Apple Watch上で通知を受けられるようになる。心肺機能が低くなると、心臓病、高血圧、肥満などを患うリスクが高まるという。心電図機能はまだ日本では利用できない。

[田中聡,ITmedia]

 Appleが12月15日に配信した「iOS 14.3」と「watchOS 7.2」では、心肺機能が低下したときに、Apple Watch上で通知を受けられるようになる。watchOS 7.2のApple Watchでは、最大酸素摂取量(VO2 max)から心肺機能を測定できる。

 アメリカ心臓協会によると、心肺機能が低くなると、心臓病、高血圧、肥満などを患うリスクが高まるという。

watchOS 7.2 心肺機能が低い際にApple Watchで通知を受けられるようになる

 iOS 14.3にアップデートしたiPhoneの「ヘルスケア」アプリから「心肺機能」にアクセスすると、自分の心肺機能のレベルが同年代の同姓と比べて「高い」「平均より上」「平均より下」「低い」かどうかを確認できる。「低い」場合はApple Watch上に通知され、医師に相談をするためのガイダンスを受け取れる。また心肺機能のレベルが過去の週、月、年からどのように変化したかも分かる。

 この他、watchOS 7.2ではサブスクリンション制のフィットネスサービス「Fitness+」が利用可能になったが、日本ではまだ利用できない。また「心電図」アプリが台湾で利用可能になったが、こちらも日本では未対応。

watchOS 7.2 watchOS 7.2のアップデート内容

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう