ニュース
» 2020年12月16日 14時55分 公開

ドコモの「Galaxy S20 5G/S20+ 5G」がAndroid 11にバージョンアップ S20+ 5Gはミリ波にも対応

NTTドコモが「Galaxy S20 5G SC-51A」「Galaxy S20+ 5G SC-52A」のOSバージョンアップを開始した。ドコモが提供する「スグアプ」に対応する他、最大通信速度の向上が行われる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモは12月16日から、「Galaxy S20 5G SC-51A」「Galaxy S20+ 5G SC-52A」に対するOSバージョンアップサービスを開始した。バージョンアップ後のOSは「Android 11」となる。

NTTドコモ Galaxy S20 5G SC-51A
NTTドコモ Galaxy S20 5G SC-51A

 チャットやSNSアプリの通知の表示改善、新たな通知機能「バブル」の実装、アプリの位置情報やマイク/カメラの利用権限の強化(1回限りの権限付与に対応)など、Android 11で変更、追加された機能を利用できるようになる。さらに、ドコモが独自に開発した、端末を振るとアプリを起動できる「スグアプ」にも対応する。その他、ロックスクリーン画面で時刻をタップするとウィジェットにアクセスできる機能、デバイスケア機能の拡充など、メーカー独自の機能改善も行われる。

NTTドコモ 通知の強化
NTTドコモ ロックスクリーン画面でのウィジェット対応

 両端末では、通信速度の向上も行われる。SC-51Aでは、5Gエリアにおける最大通信速度(理論値)が下り3.4Gbps/上り218Mbpsとなる。SC-52Aについては「ミリ波」(28GHz帯)の利用に対応することで、ミリ波の5Gエリアにおいて下り最大4.1Gbps/上り最大480Mbps(共に理論値)で通信できるようになる。

 OSバージョンアップは、端末単体または「Smart Switch」をインストールしたWindows PC/Macを介して行える。更新の所要時間は、端末本体 (Wi-Fi)で実行した場合が約49分、Smart Switchを利用した場合が約113分となる。ただし、端末のソフトウェアや通信環境によって所要時間は前後する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう