ニュース
» 2021年01月26日 17時00分 公開

ソフトバンクが4月1日付で社長を交代 宮川潤一副社長が昇格 宮内謙社長は会長に

ソフトバンクが4月1日付で社長を交代することを発表した。通信事業会社を統合して以来、ソフトバンクの社長を務めてきた宮内謙氏は会長となり、副社長兼CTOを務めてきた宮川潤一氏が社長に就任する。

[井上翔,ITmedia]

 ソフトバンクは1月26日、4月1日付で同社の社長を交代することを発表した。新しい社長には、現在副社長兼CTO(最高技術責任者)を務める宮川潤一氏が就任する。現在同社の社長を務める宮内謙氏は、代表権のある会長として宮川氏のサポートをサポートしつつ、同社グループ全体を統括する役割を担う。

 なお、現在会長を務める孫正義氏(ソフトバンクグループ社長)は、会長職を退き「創業者 取締役」となる。

宮川潤一氏 4月1日付で社長に就任する宮川潤一副社長
宮内謙 宮内謙社長は同日付で代表権のある会長となる

 同社の指名委員会では、約2年前から宮内社長の後継者の要件定義などの検討を進め、2020年春頃から本格的に審議を進めてきたという。その上で、同社子会社であるZホールディングス(旧ヤフー)がLINEと経営統合する2021年春のタイミングで交代するのが最適なタイミングであるとして、4月1日付での社長交代を決定したという。

 宮内謙氏は、同社(当時はソフトバンクモバイル)が2015年4月1日にソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、ワイモバイルの3社を吸収合併したタイミングから社長を務めてきた。

新体制 4月1日付の新体制
孫さん 取締役会長を務めてきた孫正義氏は会長を退き「創業者 取締役」となる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう