速報
» 2021年02月08日 11時40分 公開

Xiaomi、フレームまでディスプレイで“完全無穴”なコンセプト端末を披露

Xiaomiが、ディスプレイが滝のようにフレーム部分まで流れ落ちるコンセプト端末を発表した。物理的なポートもボタンもない。音量調節などは側面の感圧センサーで行う。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 中国Xiaomi(小米科技)は2月5日(現地時間)、ディスプレイがフレーム部分まで滝(waterfall)のように流れ落ち、物理的なポートもボタンもないコンセプト端末を披露した。発売予定などは不明。

 xiaomi 1 フレーム部分までカーブしたディスプレイが覆うコンセプト端末

 フレーム部分は88度のカーブになっており、この部分まで画面が表示される。

 xiaomi 2 Webブラウザの画面がフレームにまで表示されている

 Xiaomiによると、曲がるディスプレイパネルは既に一般的になっているが、ガラスパネルを88度に曲げ、それをディスプレイパネルに接着するのに技術を要したという。

 起動や音量調整などのボタンはすべて感圧センサーに置き換え、スピーカーは独自開発の「業界初のフレキシブルフィルムディスプレイ音響技術」を採用。インカメラはディスプレイの下に配置した。これらの開発で46件の特許を取得した。

 xiaomi 3 感圧式の音量操作ツール

 Xiaomiは2019年にはディスプレイ占有率180%のコンセプト端末「Mi Mix Alpha」を発表した(まだ発売はされていない)。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう