ニュース
» 2021年02月02日 14時30分 公開

Xiaomiの「Redmi 9T」が登場 4眼カメラやSnapdragon 662搭載で1万5900円(税別)

Xiaomiが2月2日、SIMロックフリースマートフォン「Redmi 9T」を発表した。2月5日からMVNOや家電量販店、ECサイトなどで販売される。4眼カメラやSnapdragon 662を搭載しながら、税別で1万5900円という価格を実現した。

[田中聡,ITmedia]

 Xiaomiが2月2日、SIMロックフリースマートフォン「Redmi 9T」を発表した。2月5日からMVNOや家電量販店、ECサイトなどで販売される。市場想定価格は1万5900円(税別)。カラーはカーボングレーとオーシャングリーンの2色で展開する。

Redmi 9T 「Redmi 9T」のカーボングレー
Redmi 9T オーシャングリーン

 Redmi 9Tは、LTE対応のミッドレンジモデル。2020年に発売した「Redmi Note 9S」の後継機に位置付けられる。

 6.53型のフルHD+(1080×2340ピクセル)ディスプレイを搭載しており、上部中央にあるインカメラ周囲に滴型のノッチを設けている。側面には指紋センサーを備え、背面には水滴や指紋が付きにくい加工を施している。サイズは77.3(幅)×162.3(高さ)×9.6(奥行き)mm、重量は198g。

Redmi 9T 6.53型フルHD+ディスプレイを搭載
Redmi 9T 指紋や水滴の付きにくいコーティングを背面に施している
Redmi 9T 上面と底面

 プロセッサはSnapdragon 662、メインメモリは4GB、内蔵ストレージは64GBを備えており、バッテリー容量は6000mAh。18Wの急速充電にも対応している。デュアルSIMに対応しており、最大512GBのmicroSDも利用できる。IoT製品や家電を操作できる赤外線リモコン機能、3.5mmイヤフォンジャックやステレオスピーカーも備えている。

Redmi 9T 連続で195時間の音楽再生、17時間の動画再生、14時間のゲームプレイ、56.6時間の通話が可能

 カメラは4800万画素のメインカメラ、800万画素の超広角カメラ、200万画素のマクロカメラ、200万画素の深度センサーで構成される。映画風の写真に加工できる「ムービーフレーム機能」も用意している。インカメラは800万画素となっている。

Redmi 9T 4つのカメラを背面に搭載
Redmi 9T 主なカメラ機能

 4Gの対応バンドは1、2、3、4、5、7、8、18、19、20、26、28、38、40、41。

 Redmi 9Tは、MVNOではイオンリテール、IIJ、NTTレゾナント、ビッグローブが、ECサイトではAmazon.co.jp、SB C&S、NTTぷらら、ムラウチドットコムが、量販店ではエディオン、上新電機、ノジマ、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラが取り扱う。

Redmi 9T 他のミッドレンジスマートフォンとの比較
Redmi 9T 主な特徴まとめ
Redmi 9T Redmi 9Tの価格と販路

【更新:2021年2月2日15時50分 詳細なスペックを追記し、画像を追加しました】

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう