ニュース
» 2020年12月09日 11時01分 公開

Xiaomi、2021年にFeliCa搭載スマートフォンを発売へ

Xiaomiが12月9日、2021年の日本市場における展望を発表した。2021年も5Gスマートフォンを投入し、機能や価格面でも、バラエティに富んだラインアップを予定している。日本市場のニーズも取り込み、FeliCa搭載のスマートフォンの発売を予定しているという。

[田中聡,ITmedia]

 Xiaomiが12月9日、2021年の日本市場における展望を発表した。

 2021年も5Gスマートフォンを投入し、機能や価格面でも、バラエティに富んだラインアップを予定しているとのこと。さらに、日本市場のニーズも取り込み、FeliCa搭載スマートフォンの発売を予定していることも明かした。同社は日本のオフィスを移転し、従業員とR&Dセンターの技術者を2倍に拡大する見通し。

 Xiaomiは2019年12月に日本市場に参入し、ちょうど1年が経過。これまで日本では「Mi Note 10」「Mi Note 10 Pro」「Redmi Note 9S」「Mi Note 10 Lite」「Mi 10 Lite 5G」を投入してきた。9月にKDDIが発売したMi 10 Lite 5Gは、新規参入の海外メーカーとしては異例の早さとなるキャリアとの提携が話題を読んだ。

Xiaomi auから発売された「Mi 10 Lite 5G」

 Snapdragon 720Gや4眼カメラを搭載しながら2万4800円(税込み)という安さを実現したRedmi Note 9Sは、Amazon.co.jpで49日間1位を記録するなど好調だったという。2020年第3四半期(7月〜9月)のオープン市場におけるスマートフォン出荷台数で、Xiaomiは4位にランクインした(CanalysからXiaomiに提供された非公開調査結果による)。

Xiaomi 2万円台の「Redmi Note 9S」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう