速報
» 2021年02月24日 08時15分 公開

Androidに「メッセージ」の予約送信や危険なパスワード警告など6つの新機能

Googleが、Android端末向けの6つの新機能を発表した。「メッセージ」の予約送信や「Password Checkup」は既に利用できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは2月23日(現地時間)、Android端末向けの6つの新機能を発表した。既に使えるものもある。

  • 安全性の低いパスワードに警告する「Password Checkup」
  • 「メッセージ」アプリでの予約配信
  • テキスト読み上げ「TalkBack」の改善
  • 端末ロック中でも音声でGoogleアシスタント起動が可能に
  • Googleマップを常にダークモードに
  • Android Autoの壁紙、ショートカット、ゲーム

安全性の低いパスワードに警告する「Password Checkup」

 「Password Checkup」は、2019年にChromeブラウザの拡張機能として登場したセキュリティ機能。安全ではないパスワードを入力すると警告する。Googleは多数のWebサイトやサービスからユーザー情報が流出した事案のユーザー名とパスワードのデータベースを持っており、ユーザーがこのデータに合致するユーザー名やパスワードを入力すると警告し、パスワード変更を促す。

 password 安全ではないパスワードを入力すると表示される警告

 この機能が「Android 9」以降の端末で利用できるようになる。利用するには、Androidの[設定]→[システム]→[言語と入力]→[詳細設定]→[自動入力サービス]→[自動入力サービス]で「Google」が選択された状態にしておく必要がある。

「メッセージ」アプリでの予約配信

 SMSアプリ「メッセージ」で設定した日時にメッセージを送れるようになった。誕生日など、忘れてはいけないメッセージを予め用意しておける。

 利用するには、メッセージを入力して送信ボタン(紙飛行機のボタン)を長押しすると表示される「送信日時の設定」カードで日時を設定する。「日時を選択」をタップするとカレンダーから日付と日時を設定できる。

 message メッセージの予約送信

テキスト読み上げ「TalkBack」の改善

 「TalkBack」は目の不自由な人のためのテキスト読み上げ機能。[設定]→[ユーザー補助]で有効にできる。

 この機能を、ユーザーのフィードバックに基づいて改善した。ジェスチャーをより直感的にし、メニューを統一したという。


端末ロック中でも音声でGoogleアシスタント起動が可能に

 assistant

 端末にロックがかかったままでも部屋の離れた場所にあっても、音声操作でGoogleアシスタントに命令できるようになる。この機能はGoogleアシスタントの最新アップデートで利用可能になる(本稿執筆現在、筆者の環境ではまだ使えない)。

 この機能を使うには、アップデートした後、Googleアシスタントの設定画面で[パーソナライズ]→[ロック画面でのアカウントに基づく情報]をオンにしておく。Googleアシスタントの設定画面は音声で「Googleアシスタントの設定を開いて」と言うか、Googleアプリの右下の[その他]→[設定]→[Googleアシスタント]で開ける。

Googleマップを常にダークモードに

 Googleマップでも省電力可能な「ダークテーマ」が利用できるようになる(筆者の環境ではまだ利用できない)。利用するには、Googleマップの[設定]に追加される[Theme]→[Always in Dark Theme](項目名が日本語版でどうなるかはまだ不明)を選択する。

 dark Googleマップのダークモード

Android Autoの壁紙、ショートカット、ゲーム

 Android端末を自動車に接続して使うアプリ「Android Auto」の画面に壁紙を設定できるようになった。また、渋滞で退屈しているときなどに楽しめる音声ゲームが追加された。雑学クイズなどがあり、「ねぇGoogle、ゲームをして」と言うとゲームが始まる。

 また、起動画面に天気、サーモスタットの調整などのためのショートカットを表示するようになった。ディスプレイが広い車種の場合は、より多くのショートカットを表示する。また、同乗者にディスプレイを見られたくない場合のためのプライバシー設定機能も追加された。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう