速報
» 2021年01月18日 09時51分 公開

モバイル版Googleマップ、東京都心などで詳細情報表示 横断歩道や歩道橋も

Googleが昨年8月に予告していたGoogleマップの一部都市での詳細情報表示がロールアウトしている。東京都心やニューヨークなどで、横断歩道や歩道橋などが表示される。道幅の縮尺も正確になった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleのモバイル版「Googleマップ」で、一部の都市の詳細情報が表示されるようになった。例えば渋谷駅前のスクランブル交差点や、井ノ頭通りの歩道橋などが表示されている。

 map 1 左から、渋谷のスクランブル交差点、井ノ頭通りの歩道橋、御茶ノ水の男坂(石段)

 これは、同社が昨年8月に予告していたものだ。東京都心の他、英ロンドンの中心部、米カリフォルニア州サンフランシスコ、米ニューヨーク市で利用可能になっている。いつごろからかは不明だが、米Android Policeが1月16日(現地時間)に報じた。

 ヘルプページによると、横断歩道と歩道橋の他、歩道や中央分離帯なども表示。また、道幅も正確に反映したという。公園内の歩道や石段も表示されているが、これらはPC版Googleマップでも表示される。

 map 2 石段はWebアプリ版でも表示される

 「これにより、訪問前に現地の状況をより正確に把握して、移動の準備を行うことができます。特に徒歩で移動する場合や、移動に車椅子やベビーカーなどの補助を必要とする場合に便利です」(Googleのヘルプより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう