速報
» 2021年03月13日 17時04分 公開

Apple、オリジナル「HomePod」をディスコンに 「HomePod miniにフォーカス」

Appleが、米国で2018年2月に発売したスマートスピーカー「HomePod」の販売を在庫がなくなり次第終了する。Appleは「今後はHomePod miniにフォーカスする」と米メディアに語った。HomePodのユーザーに対しては、Apple Careを通じてサポートを続ける。

[ITmedia]

 米Appleは、2018年に発売したハイエンドスマートスピーカー「HomePod」の販売を終了する。米TechCrunchが3月12日(現地時間)、Appleのコメントを添えてそう報じた。今後は2020年発売の「HomePod mini」に集中するとしている。

 日本での販売価格は、HomePodは3万2800円(税別、以下同)、HomePod miniは1万800円だ。

 homepod 1 HomePod(右)とHomePod mini

 米国のApple公式サイトでは既にHomePodのスペースグレイモデルが「Sold Out」になっている。

 hoepod 2 米国の公式オンラインストアではスペースグレイモデルが「Sold Out」になっている

 AppleはTechCrunchに対し、「HomePod miniは、昨年秋のデビュー以来ヒットしている。この製品は、驚異的な高音質、Siriによるアシスタントとスマートホームコントロールをわずか99ドルで提供する。われわれは、HomePod miniにフォーカスしていく。オリジナルのHomePodは廃止し、Apple Online Store、Apple Retail Stores、Apple正規販売店を通じた販売は供給が続く限り続ける。HomePodのユーザーの皆様には、AppleCareを通じてソフトウェアアップデートとサービスおよびサポートを提供していく」という声明文を送った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう