ニュース
» 2021年04月27日 12時37分 公開

iOS 14.5の「マスクを着けたままiPhoneのロック解除」を試した 注意点は?

「iOS 14.5」では、マスクを着けたままiPhoneのロックを解除する機能が追加された。ただし利用するには、Apple Watch Series 3以降のApple Watchが必要となる。マスク装着時にロックを解除すると、Apple Watchに通知が来る。

[田中聡,ITmedia]

 4月27日(日本時間)に配信された「iOS 14.5」では、マスクを着けたままiPhoneのロック解除が可能になった。

 「iPhone SE(第2世代)」を除く「iPhone X」以降のiPhoneは、Touch ID(指紋センサー)を搭載しておらず、生体認証はFace ID(顔認証)のみ。マスクをしている顔は認証してくれず、パスコードを入力するか、マスクを外す必要があって不便を強いられていたという人は多いだろう。

 iOS 14.5では、マスクを着けた状態でも、Face IDでロックを解除できるようになり、利便性が向上した。ただしその際、Apple Watch Series 3以降のApple Watchが必要となる。

iOS 14.5 まずはiOS 14.5とwatchOS 7.4にアップデートする必要がある

 まず、iPhoneをiOS 14.5にアップデートしたら、Apple WatchをwatchOS 7.4にアップデートする。アップデートが終わったら、iPhoneの「設定」→「Face IDとパスワード」に「APPLE WATCHでロック解除」という項目が追加されているので、「○○○(自分の名前)のApple Watch」をオンにしよう。このとき、Apple Watchを装着してロックを解除しておく必要がある。

iOS 14.5 Apple Watchでのロック解除をオンにする
iOS 14.5 Apple Watchを装着してロック解除しないとアラートが出る
iOS 14.5 無事に設定オンにできた

 ただし、これでいきなりマスクを着けたままロック解除できるわけではない。マスクを装着してiPhoneのロックを解除しようとすると、「Apple Watchでロック解除するにはパスコードを入力、またはFace IDを使用」というメッセージが出るので、上記いずれかの方法でロックを解除する。

iOS 14.5 最初にパスコードかFace IDでロックを解除する

 その後はマスクを着けたままでもFace IDでロック解除できるようになる。その際、Apple Watchがブルッと震えるフィードバックがあり、「このApple Watchでロック解除されました」というメッセージがApple Watch上に表示される。その際に「iPhoneをロック」を選択すると、再びロックされ、マスクをしたままではロック解除できなくなる。ちなみにApple Watchを手首から外しても、iPhoneはロックされる。ここでパスコードかFace IDでロックを解除すれば、再びマスクを着けたままロック解除可能になる。

iOS 14.5 マスクを着けたままロックを解除すると、Apple Watchにこのようなメッセージが表示され、再びロックすることもできる

 注意したいのは、Apple Watchのロック解除を有効にした状態では、ユーザーの顔ではなく「マスクを着けた顔」を認識しているため、マスクを着けた他人の顔でもロックを解除できてしまうこと。その際もApple Watchに通知が来るので、意図せずロック解除されたときは、ここからiPhoneをロックすればいい。

iOS 14.5 Apple Watchでのロック解除をオンにしようとすると、このような注意喚起が出る

 マスクを着けたままロックを解除するには「Apple Watchを手首に付けてロックを解除する」「iPhoneをパスコードかFace IDでロックを解除する」という2つのステップが必要なことに加え、ロック解除時にApple Watchに通知が来て再ロックができる。他人のマスク顔も認証可能になるとはいえ、一定のセキュリティは担保されているといえる。

 なお、Apple Payの支払いは、マスクを着けたままでも行えず、従来通り、パスコードを入力するか、Face IDで認証する必要がある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー

2022年