コラム
» 2020年11月02日 11時34分 公開

iPad Airの“側面Touch ID”は「iPhone 12」シリーズにこそ欲しかった

「iPhone 12」シリーズで残念だと感じたのは、Touch IDが搭載されなかったこと。マスクを着けて過ごす時間が増えた昨今、マスク装着時には機能しないFace IDに不便さを感じている人は多いだろう。そんな中、「iPad Air(第4世代)」は、トップボタンにTouch IDを搭載してきた。

[田中聡,ITmedia]

 「iPhone 12」シリーズで残念だと感じたのは、Touch IDが搭載されなかったこと。ホームボタンのなくなった「iPhone X」以降、iPhoneの生体認証はFace IDに統一され、Touch IDは廃止されてしまった。しかしマスクを着けて過ごす時間が増えた昨今、マスク装着時には機能しないFace IDに不便さを感じている人は多いだろう。

 そんな中、iPhone 12と同じ10月23日に発売された「iPad Air(第4世代)」は、トップボタンにTouch IDを搭載してきた。iPhoneやiPadのTouch IDは、これまでホームボタンに搭載していたが、側面に搭載したのはiPad Airが初めて。これなら、狭額縁設計とTouch IDを両立できる。

iPad Air 側面にTouch IDを搭載した「iPad Air(第4世代)」
iPad Air Touch IDを搭載しているトップボタン

 iPad AirはFace IDは採用しておらず、生体認証はTouch IDしか使えないのだが、iPhone 12ユーザーの中にも、このトップボタン型Touch IDを搭載してほしかったと思った人は多いのではないだろうか。

 iPhone 12はサイドキーが右側面にある。右手で握ると親指が、左手で握ると人さし指か中指がちょうどこのサイドキーに触れる形になる。もしiPhone 12のサイドキーにTouch IDを搭載していたら、快適にロック解除ができただろう。

iPhone 12 iPhone 12のサイドキー。ここにTouch IDが搭載されていれば……
iPhone 12 右手で握れば親指がちょうど当たる
iPhone 12 左手で握れば、筆者の場合、中指がちょうど当たる

 サイドキー(電源キー)に指紋センサーを搭載するのはAndroidスマートフォンで見られる。最近のモデルなら「Xperia 1 II」「Xperia 5 II」や「ZenFone 7」が採用しており、珍しいことではない。

iPad Air Xperia 5 IIに搭載されている指紋センサー一体型電源キー

 iPad AirのTouch IDも実際に試してみたが、トップボタンに指を当てればロックが解除される。失敗することはほとんどなく快適だ。指紋は複数登録できるので、縦向きに持つ際は右手人さし指を、横向きに持つ際は左手人さし指を、という具合に登録しておくと便利だ。

iPhone 12
iPhone 12 iPad Airのスリープを解除すると、Touch IDとして操作できることがボタンの下画面に表示される
iPhone 12
iPhone 12 指紋は複数登録できる

 サイドキーにTouch IDを搭載するのなら、現在よくあるサイドキーを覆う形のケースは現実的ではないが、サイドキー部分は空けた構造にすればよい。このように、サイドキー型Touch IDのハードルは決して高くない(と思われる)だけに、iPhone 12シリーズでTouch IDが復活しなかったのは残念でならない。

 これもAndroidスマートフォンで多い、ディスプレイに内蔵する指紋センサーも、指を大きく動かす必要がなく、親指を当てればいいので快適だ。今後のiPhoneでTouch IDが復活するとして、サイドキーとディスプレイのどちらに搭載するのだろうか。あるいは、別の形で生体認証が追加されるのだろうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう