ニュース
» 2021年05月21日 17時39分 公開

NAVITIMEで「バス混雑予測」を提供 横浜市営バス全系統から順次拡大へ

ナビタイムジャパンは、総合ナビゲーションアプリ「NAVITIME」などで「バス混雑予測」を提供開始。バスごとの混雑度を6段階のアイコンで表示し、横浜市営バス全系統から順次拡大する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ナビタイムジャパンは、5月20日に「バス混雑予測」を提供開始。ルート検索結果画面や時刻表画面で、バスごとの混雑度を6段階のアイコンで表示する。

NAVITIME 「バス混雑予測」を提供開始

 本機能は現在走行しているバスをはじめ、未来の混雑情報も確認可能。通勤・通学時間帯で比較的空いているバスを事前に探せる他、あらかじめ混雑を避けたルート検索も可能だ。まずは横浜市営バス全系統で対応し、路線は順次拡大していく。

 対象サービスは総合ナビゲーション「NAVITIME」、乗換案内アプリ「乗換NAVITIME」、バス専用ナビゲーションアプリ「バスNAVITIME」と、KDDIと協業で提供している歩行者向けナビゲーション「auナビウォーク」。

NAVITIME 「NAVITIME」画面イメージ
NAVITIME 「バスNAVITIME」画面イメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう