ニュース
» 2021年09月13日 11時55分 公開

へき地の基地局における通信品質を改善 KDDIがauネットワークに衛星ブロードバンド「Starlink」を採用

KDDIが、米SpaceXが提供する衛星ブロードバンドサービス「Starlink」をau基地局のバックホール回線の1つとして採用する。山間部や島しょ部など、光ファイバーの敷設が難しい場所に設置された基地局において、通信品質の向上が期待される。

[井上翔ITmedia]

 KDDIは9月13日、米Space Exploration Technologies(SpaceX)との間で、SpaceXが提供する衛星ブロードバンド通信サービス「Starlink」をauネットワークのバックホール回線(※)として利用する契約を締結したことを発表した。今後、山間部や島しょ地域を中心に全国1200カ所の基地局で採用される予定だ。

(※)基地局と交換局を接続するための通信回線。5G/LTE基地局との通信には通常、光ファイバー回線を使うことが多い

SpaceX KDDIがau基地局のバックホール回線としてStarlinkを採用する
イメージ 山間部や島しょ地域にある、衛星バックホール回線を使う基地局の他、災害時における基地局の応急復旧にも利用するという

Starlinkとは?

 Starlinkは、高度約550kmの低軌道上の通信用人工衛星を用いることで、従来の衛星通信サービスよりも遅延(レイテンシー)を抑制しつつ、実効通信速度を引き上げたことが特徴だ。SpaceXの説明によると、遅延は20ミリ秒〜40ミリ秒の範囲内、通信速度は50Mbps〜150Mbpsを期待できるという。

 Starlinkを利用することで、山間部や島しょ部など光ファイバーの敷設が難しい場所に設置されたau基地局において、au基地局における遅延軽減や実効通信速度の改善が図られる。災害発生時のエリアの応急復旧にも、Starlinkを活用するという。

Starlink Starlink自体は、カバーエリアごとにユーザーを絞り込んで申し込みを受け付けている
遅延少ない 従来の衛星ブロードバンド通信サービスと比べると低軌道(=地球の近く)にあるため、通信の遅延を抑制できる。SpaceXによると遅延は20ミリ秒〜40ミリ秒の範囲内とのことなので、シビアなコンディションでなければWeb会議やゲーミングも十分にこなせる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2023年12月05日 更新
  1. 新型折りたたみスマホがいきなり「実質9840円」/ネットワークTVチューナーの魅力とは? (2023年12月02日)
  2. 「Xiaomi 13T Pro」を“実質24円”で販売できるカラクリ 実は転売ヤー対策として有効も、今後は規制に? (2023年12月02日)
  3. Googleマップの新デザイン、見慣れました? 元デザイナーは苦言を呈しているが、アクセシビリティーの観点からメリットもありそう (2023年12月01日)
  4. NTT法は2025年の通常国会までに「廃止」が「既定路線」か――防衛財源の確保という「建前」はうやむやに (2023年12月03日)
  5. 制裁中なのに5G対応 謎多きスマホ「HUAWEI Mate 60」はどのように製造されたのか (2023年11月30日)
  6. 「端末値引き4万円まで」「白ロム割規制」は12月27日から 電気通信事業法の改正が決定 (2023年11月24日)
  7. KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルなど181者が意見表明 NTT法廃止は「国民の声を十分に聞いたものとはいえない」と批判 (2023年12月04日)
  8. Google、“休眠アカウント”の削除を開始 どうすれば削除されずに済む? (2023年12月02日)
  9. 楽天ペイと楽天ポイントのキャンペーンまとめ【12月4日最新版】 20%還元や全額還元のお得な施策多数 (2023年12月04日)
  10. TVはないけどTVを見たい! いろんなデバイスをTVにできるアイ・オーの「REC-ON」を試してみよう (2023年11月24日)

過去記事カレンダー