世界を変える5G
ニュース
» 2021年10月06日 11時00分 公開

エントリー5Gスマホ「Galaxy A22」がドコモから登場 初心者向けの機能が充実

NTTドコモが10月6日、サムスン電子製のスマートフォン「Galaxy A22 5G SC-56B」を発表。Galaxy A22は、フィーチャーフォンからスマートフォンに乗り換えるユーザーに向けたエントリーモデル。文字やアイコンを大きく表示する「かんたんモード」や、フィーチャーフォンのデータを移行できるアプリを用意している。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモが10月6日、サムスン電子製のスマートフォン「Galaxy A22 5G SC-56B」を発表。2021年12月中旬以降に発売する。カラーはブラック、レッド、ホワイトの3色で展開する。

Galaxy A22 ドコモの「Galaxy A22 SC-56B」
Galaxy A22 カラーはブラック、レッド、ホワイト

 Galaxy A22は、フィーチャーフォンからスマートフォンに乗り換えるユーザーや、子供に初めてのスマホを持たせたいユーザーを対象にしたエントリーモデル。5G通信にも対応している。

 ディスプレイは約5.8型HD+(720×1560ピクセル)液晶を搭載。プロセッサはMediaTekの「MT6833V」、メインメモリは4GB、内蔵ストレージは64GBを備える。容量4000mAhのバッテリーを内蔵しており、先代「Galaxy A21」の3600mAhからアップしている。IP68の防水・防塵(じん)やおサイフケータイにも対応している。災害時に情報収集する手段としても役に立つFMラジオも搭載している。

 文字やアイコンを大きく表示する「かんたんモード」を用意。よく電話をする連絡先をホーム画面上に設定でき、簡単に電話をかけられる。また、着信があった際は、スワイプせず、フィーチャーフォンと同様に通話ボタンをタップすれば応答できる。このかんたんモードには、ホーム画面のウィジェットからワンタッチで切り替えられる。

 スマートフォンの使い方を無料で電話相談できる「Galaxy使い方相談」機能も搭載。ホーム画面の専用ボタンからサポートセンターに問い合わせができる。購入時には、初期設定から基本機能の使い方をまとめた「かんたんガイドブック」をもらえる。

 アウトカメラは約1300万画素の1つのみを備え、電源キーを2回押すと起動する。撮影した写真や動画をたくさん保存できるようmicroSDスロットも搭載している。このmicroSDとデータ移行アプリ「Smart Switch」を利用して、フィーチャーフォンに保存したアドレス帳や写真などのデータをGalaxy A22 5Gに移行できる。

 スマートフォンの位置情報を確認できる「端末リモート追跡」機能も用意しており、専用サイトから端末の追跡や画面ロックなどができる。「SOSメッセージを送信」機能では、現在地とSOSメッセージを、事前に登録した連絡先に通知できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー