速報
» 2021年11月02日 09時02分 公開

Androidの11月月例更新開始 「致命的」な2件を含む多数の脆弱性修正 Pixelでは機能改善も

GoogleはAndroidおよびPixelの月例アップデートを発表した。Androidでは重要度が最も高い2件と、悪用された可能性のある1件を含む脆弱性に対処。Pixelではキーボードや通知音の問題も修正した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは11月1日(現地時間)、AndroidおよびPixelの月例セキュリティ情報の11月版を公開し、パッチの配信を開始した。Pixelでは機能改善の更新も実施される。

 Androidのセキュリティ更新では、重要度が最も高い「Critical」2件を含む39件の脆弱性に対処した。

 また、カーネルの脆弱性(CVE-2021-1048)は、重要度は上から2番めの「High」だが「解放後にローカルでの権限が上昇する可能性があり」、「限定された標的型エクスプロイトに悪用された可能性がある」としている。

 android

 Pixel端末固有の月例情報は、脆弱性の「Critical」が1件、「High」が3件、3番目の「Moderate」が6件だった。機能パッチ(バグ修正および改善)は11件。通知音、キーボードの表示、アプリアイコンの問題が改善される。

 pixel Pixelの機能パッチ

 Pixel 6およびPixel 6 Proだけの問題として、以下の問題が改善される。

  • Bluetooth接続の限られた状況での音質の問題
  • 無線充電の問題
  • 一定の明るさの下での自動輝度調整の問題
  • 一部のアプリでのメディア再生の問題
  • 限られた環境でのWi-Fi接続安定性の問題

 なお、Pixel 6 Proの一部のユーザーが報告している、電源を切ったときにディスプレイがちらつく問題について、Googleは12月の更新で修正すると語った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー