レビュー
» 2021年11月07日 06時00分 公開

「Apple Watch Series 7」をじっくり試す 弱点を克服した今こそ“買い”だ(1/3 ページ)

10月15日に発売された「Apple Watch」の最新モデル「Series 7」。デザインも新しくなり、ベゼルが1.7mmとかなり狭額になった。廉価版ともいえる「Series 3」や「SE」もあるが、本製品を選ぶべき理由は「耐久性」と「バッテリーの持続時間」にある。1日中ずっとApple Watchと一緒にいられる生活は近い。

[井上晃,ITmedia]

 10月15日に発売された「Apple Watch Series 7」。従来モデルと比べ、デザイン変更もありつつ使い勝手が良くなっているなど、順当な進化を遂げた一台だ。今回はアップデートされたポイントをおさらいしつつ、実際に使ってみた印象をまとめた。

見た目はそこまで変わっていないが……

 Apple Watch Series 7における最も印象的な変更は、ディスプレイの大型化だ。ベゼルが1.7mmまで薄くなり、表示領域が最大限拡張されている。前世代の「Series 6」や今も併売されている「SE」と比べれば表示領域は20%大きくなった。さらに廉価な「Series 3」と比べれば、50%以上広くなっている。

Apple Watch Series 7 ベゼルの狭さが特徴的な「Apple Watch Series 7」

 一方で、ケースサイズの拡大は最小限にとどめられている。従来のラインアップと比べれば仕様上の数値は1mm大きくなっただけで、「41mmモデル」と「45mmモデル」の2モデルを選択できる。実際に装着してみると、ケースサイズが1mm増えたと言われてもじっくり比較してみなければ分からないくらいの差だった。

Apple Watch Series 7 Series 7の45mmモデルと、手元にあったSeries 4の44mmモデルを比較。左の方が1mm大きいと言われても正直分からない

 デザインは、ケースの仕上げに新色が追加されたことが主な特徴だ。前提として、Apple Watchのカラーバリエーションは本体の素材によって異なる。前世代「Series 6」ではアルミニウムケースでは「シルバー」「スペースグレイ」「ゴールド」「ブルー」「(PRODUCT)RED」の5色、ステンレススチールケースでは「シルバー」「グラファイト」「ゴールド」の3色、チタニウムケースでは「チタニウム」「スペースブラック」の2色が展開されていた。

 これがSeries 7では、アルミニウムモデルの仕上げが「ミッドナイト」「スターライト」「グリーン」「ブルー」「(PRODUCT)RED」の5色に変わっている。一方でステンレススチールの「シルバー」「グラファイト」「ゴールド」や、チタニウムケースの「チタニウム」「スペースブラック」というラインアップは名称を見る限り、従来と共通しているようだ。

Apple Watch Series 7 Series 7の「グリーン」のアルミニウムケースの側面。上品な緑だ

 今回試用したのは、新色「グリーン」のアルミニウムケース。実物を見てみると「緑茶」や「竹」を想起させるような深みのある緑色で、光の具合によっては黒と見まごうほど落ち着いた色合いだった。バンドの組み合わせにもよるだろうが、ビジネスシーンや冠婚葬祭でも悪目立ちせず身につけやすい色味だと思う。

 本体の仕様は、シリーズ初となる防塵(じん)性能をサポートしたことが魅力。従来モデルと同じく防水性能はサポートしているので、海水浴やサーフィンのようなラフな状況で使っていたというユーザーは多いだろうが、今モデルからは細かい砂の多いビーチでの海水浴やスポーツ、過酷なアウトドアシーンなどでもより安心して使えるようになるはずだ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー