iPhone 13を約90回充電可能 アンカーが38万4000mAhバッテリー内蔵のポータブル電源を発売

» 2022年04月14日 15時33分 公開
[金子麟太郎ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 アンカー・ジャパンは4月13日、一般的なポータブル電源に比べて約6倍の長寿命バッテリーを搭載した「Anker 757 Portable Power Station(PowerHouse 1229Wh)」を発表した。

 同日よりAnker Japan公式サイト、Amazon.co.jp、楽天市場、一部家電量販店などで予約を受け付けている。5月下旬に予約注文分を発送し、5月24日から一般販売を行う。

Anker 757 Portable Power Station PowerHouse 1229Wh Anker 757 Portable Power Station(PowerHouse 1229Wh)

 本製品は容量38万4000mAhのポータブル電源。1229Whの超大容量と最大1500Wの高出力に対応した6つの純正弦波ACポートを搭載し、電源のない場所でも電気毛布やテレビ、電子レンジやドライヤーまでほぼ全ての家電を最大6台同時に利用できる。

 出力ポートは独自技術「PowerIQ 3.0(Gen2)」搭載のUSB Type-C×2(最大100W出力×1、最大60W出力×1)、USB Type-A×4(各ポート最大12W/合計最大48W)、シガーソケット×1(最大120W)を装備する。

 入力ポートにはDC×1(1000W/パススルー充電時最大1200W)を備え、同社が独自にカスタマイズした超急速充電技術により、ポータブル電源本体を1時間で80%まで充電できる。別売りのソーラーチャージャー「Anker PowerSolar 3-Port 100W」からの本体充電にも対応する。

Anker 757 Portable Power Station PowerHouse 1229Wh 製品概要のイメージ

 また、電池寿命の長さと安全性の高さを特徴とするリン酸鉄リチウムイオン電池を採用しており、自然放電率は3カ月で10%と低く、防災用の長期保管にも適しているという。

 メインフレームには自動車にも使われる6000系アルミニウム合金を採用して耐久性を高めた。ダブルグリップには人間工学に基づき計算された幅約46cmのものを採用し、両手での持ち運びやすさと負担の軽減を追求したデザインに仕上げたという。

 サイズは約463(幅)×288(高さ)×237(奥行き)mm、重量は約19.9kg。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月14日 更新
  1. 「iOS 18」ではホーム画面の好きな場所にアプリを配置OK 「神アプデ」の一方で「Androidの何周遅れだよ」との声も (2024年06月13日)
  2. KDDIの「Google メッセージ」採用で「+メッセージ」はどうなる? iOS 18のRCS対応も追い風に (2024年06月12日)
  3. 小池百合子都知事、生成AIを使った“AIゆりこ”動画を公開 再びニュースキャスターに (2024年06月13日)
  4. 総務省が“スマホ不適切販売”の覆面調査 ドコモが最多、ソフトバンクが前回最下位から2位に好転 (2024年06月13日)
  5. 「iOS 18」の対応機種はiOS 17と同じ、iPhone XS/XRは今年も対応 (2024年06月11日)
  6. 2023年に特殊詐欺に悪用された携帯電話回線数は? 河野大臣、契約時に「マイナンバーカードICチップの読み取り」を強く推奨 (2024年06月12日)
  7. 「Xperia 1 VI」が1位、「Galaxy S24/24 Ultra」も人気 読者アンケートで選ばれた、夏のハイエンドスマホ (2024年06月12日)
  8. ドラレコの熱対策にも ルームミラーに固定する折りたたみ傘式サンシェード「CarUB V3(2024)」発売 (2024年06月12日)
  9. ZTEのエントリースマホ「Blade A75 5G」は“カメラフォン”風デザインがクール (2024年06月13日)
  10. 「LINE Pay」が国内でサービス終了に、2025年4月まで順次 残高はPayPayに移行可能 (2024年06月13日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー