ニュース
» 2021年12月07日 17時17分 公開

アンカー、約6倍の長寿命バッテリーを搭載したポータブル電源を発売

アンカー・ジャパンは、ポータブル電源「Anker 521 Portable Power Station(PowerHouse 256Wh)」を発売。経年劣化が少ない「リン酸鉄リチウムイオン電池」を採用し、一般的なポータブル電源の約6倍の長寿命を実現したという。

[エースラッシュ,ITmedia]

 アンカー・ジャパンは、12月7日にポータブル電源「Anker 521 Portable Power Station(PowerHouse 256Wh)」を発売した。取り扱いはAnker Japan公式サイト、Amazon.co.jp、楽天市場、一部家電量販で行い、価格は2万4800円(税込み)。

アンカー・ジャパン ポータブル電源「Anker 521 Portable Power Station(PowerHouse 256Wh)」

 本製品は経年劣化が少ない「リン酸鉄リチウムイオン電池」を採用し、一般的なポータブル電源の約6倍の長寿命を実現。3000回使用後も初期容量の80%以上を維持し、前面と背面への強化パネルや本体の8つの角/バッテリーパックの強化も行っている。

アンカー・ジャパン 利用イメージ

 8万mAh/256Whの容量を備え、2つの純正弦波ACコンセントやUSB PDに対応したUSB Type-Cポートを含む計6つのポートを搭載。最大6機器に合計398W出力で同時充電/給電でき、本体に接続しても使用していない機器を検知すると自動で出力をオフにする省電力モードを利用できる。

 本体前面のディスプレイには充電/給電可能な残り時間や、本体が満充電になるまでの推定時間などを表示。別売りの高出力ソーラーチャージャー「Anker PowerSolar 3-Port 100W」も使用できる。サイズは約216(幅)×211(高さ)×144(奥行き)mm、本体のみの重量は約3.7kg。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー

2022年