ニュース
» 2022年05月23日 11時35分 公開

QualcommがARメガネ「Wireless AR Smart Viewer」発表 無線接続に対応し、フレームが40%薄く

米Qualcommは5月20日(現地時間)、ARメガネのリファレンスモデル「Wireless AR Smart Viewer」を発表した。新しいプロセッサ「Snapdragon XR2」を搭載し、Wi-Fi 6/6EとBluetoothによる無線接続が可能になり、フレームが40%薄くなった。製造は中国の精密機器メーカーGoertekが行い、ARヘッドセットのコンテンツ開発者向けプラットフォーム「Snapdragon Spaces XR」に対応する。

[金子麟太郎,ITmedia]

 米Qualcommは5月20日(現地時間)、ARメガネのリファレンスモデル「Wireless AR Smart Viewer」を発表した。

Qualcomm クアルコム AR Wireless AR Smart Viewer Wireless AR Smart Viewer

 先代の「AR Smart Viewer」(2021年11月発表)は「Snapdragon XR1」を搭載し、USB Type-Cケーブルで接続する仕様だったが、Wireless AR Smart Viewerは新しいプロセッサ「Snapdragon XR2」を搭載し、Wi-Fi 6/6EとBluetoothによる無線接続が可能になり、フレームが40%薄くなった。

Qualcomm クアルコム AR Wireless AR Smart Viewer 先代のAR Smart Viewer
Qualcomm クアルコム AR Wireless AR Smart Viewer AR Smart Viewerは有線での接続に対応する

 Wireless AR Smart Viewerの製造は中国の精密機器メーカーGoertekが行い、ARヘッドセットのコンテンツ開発者向けプラットフォーム「Snapdragon Spaces XR」に対応する。

 片目当たり1920×1080ピクセル、90Hz駆動のマイクロOLEDディスプレイを備え、視野角は先代の45度から40度になり、やや狭くなった。RGBカメラとデュアルモノクロカメラも装備しており、6DoF(6自由度)でのヘッドトラッキングとジェスチャー認識によるハンドトラッキングを可能としている。

 ワイヤレス接続による映像遅延については、接続先のスマートフォンまたはPCに、FastConnect 6900チップが搭載されていれば、レイテンシを3ミリ秒未満に抑えることが可能だという。

 Wireless AR Smart Viewerを採用するメーカーや製品化時期は明かされていないが、既に一部のパートナーへ提供されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー