「Pixel 7a」のカメラは6万円台と思えない仕上がり 逆光でも室内でも夜でも安定荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ(1/4 ページ)

» 2023年07月06日 06時00分 公開
[荻窪圭ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
Google Pixel 7aカメラレビュー 前モデルのデザインテイストを受け継いだPixel 7a

 見た目は「Pixel 6a」を受け継いだ「Pixel 7a」。「Pixel」シリーズの普及型モデルだ。ちょっと重くなったとかあるけど見た感じはそっくり……というほどでもないか。Pixel 7aの方がカメラ部の帯の位置が少し下がってて見た目のバランスがいい。もちろん基本デザインテイストは「Pixel 7」と同じだ。

Google Pixel 7aカメラレビュー 向かって左がPixel 6a

 まあ、ケースに入れるとより似た感じになる。でもカメラユニットはかなり進化しており、超広角・広角のデュアルカメラ仕様ながら、どっちも新しいセンサー&レンズなのだ。

1200万画素から1600万画素へ

 構成はシンプルなので最初にそこから。

Google Pixel 7aカメラレビュー カメラはシンプルに2つ。内側が超広角、外側が広角カメラだ

 まずは超広角カメラからPixel 6aと比べながらチェックしたい。Pixel 6aは1200万画素のセンサーで35mm換算で16mm相当の画角。それがPixel 7aでは1300万画素のセンサーに変わり、さらに35mm判換算で14mm相当と映る範囲がひとまわり広くなってより超広角になった。ついでにこっちにもAFが付いた。

Google Pixel 7aカメラレビュー 上がPixel 7a。下がPixel 6a。同じ場所から撮影。明らかにPixel 7aの方が広角だ。けっこう差が大きい

 それに伴い、カメラアプリの表記も0.6x→0.5xと変わっている。

Google Pixel 7aカメラレビュー 上がPixel 6a。下がPixel 7a。0.6xが0.5xに表記が変わった

 続いて広角カメラ。Pixel 6aは1220万画素で絞り値はF1.7。画角は35mm判換算で約27mm相当。

 Pixel 7aは6400万画素のOcta PD Quad Bayerセンサーで絞り値は約F1.9。レンズはちょっと暗くなったが、センサーサイズが1/2.55型から1/1.73型へ上がっているので全体の性能は高い。でもって、画角は35mm判換算で約25mm相当。ちょっと広角になり、現在ハイエンドスマートフォンで採用されているメインカメラの画角とほぼ同じになった。

Google Pixel 7aカメラレビュー 上がPixel7a、下がPixel 6a。7aの方が少し広角

 ちなみに、「Pixel 7 Pro」の広角カメラは5000万画素なので7aはそれより多いのだ。

 6400万画素といってもクアッドベイヤー……つまり4つの画素を1つにまとめて処理するので実質は1600万画素だ。

 実際に記録される画素数は、Pixel 6aが「4032×3024」ピクセルなのに対し、Pixel 7aは「4624×3472」ピクセル。計算すると、約1218万画素と約1605万画素となる。約1300万画素の超広角カメラも約1605万画素で記録するので、実質、1200万画素機から1600万画素機に上がったと思ってよかろう。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月21日 更新
最新トピックスPR

過去記事カレンダー