MacBookに触ってきた!フォトレビュー(2/2 ページ)

» 2006年05月17日 16時50分 公開
[田中宏昌,ITmedia]
前のページへ 1|2       

小型・スリム化には成功したが…

MacBookではFront Rowをサポート。Apple Remoteコントローラが同梱される。こちらはホワイトモデルだ

 ボディの材質にポリカーボネートプラスチックを採用するのはこれまでと同じだが、その質感はかなり異なる。外装のポリカーボネートに塗装を施すことで、従来の光沢感が薄まっている印象だ。ブラックモデルは樹脂自体がブラックに着色されているため、削れても色がはげることはないという。

 本体のサイズは325(幅)×227(奥行き)×27.5(高さ)ミリで、高さが25.9ミリのMacBook Proよりもわずかに厚くなっている。とはいえ、旧iBookの34.2ミリ(14.1インチ/12.1インチは34ミリ)よりも格段にスリムになった。

 気になるのは、約2.36キロという重量だ。14.1インチiBookの2.7キロよりは軽くなったとはいえ、実際に持つとズッシリとした感覚は否めない。せめてあと少し軽ければというのが率直なところだ。

左から15.4インチMacBook Pro、14.1インチiBookとの比較。14.1インチiBookと比べるとかなり薄く、小型化しているのがわかる(写真中央と右)。横幅を除けば、12.1インチiBookよりも小さく薄くなった
液晶パネルの上部中央に内蔵カメラ「iSight」を内蔵する(写真左)。ACアダプタは大柄なMacBook Proと違い、比較的コンパクトなタイプを採用する(写真右)。MagSafe仕様のACアダプタは出力60ワットで、MacBook Proの85ワットから減っている

新モデルで完成度が高まりIntel Macの入門機として最適

 標準でApple Remoteコントローラが付属し、Front Rowにも対応したほか、iSightが液晶部分に内蔵されたのも見のがせないところ。細かいところでは、ACアダプタがマグネット式のMagSafeになり、バッテリーの駆動時間が最長6時間と、MacBook Proの4.5〜5.5時間に比べわずかながら延びている。

 価格は最下位の「MA254J/A」が13万4800円、中位の「MA255J/A」が15万9800円、最上位のブラックモデル「MA472J/A」が17万9800円となる(いずれもApple Store価格)。前ラインアップと比較して価格がやや上昇しているが、コストパフォーマンス自体は悪くない。手軽なIntel Mac入門機としての魅力は高いといえそうだ。

 なお、詳細なレビューは後日行なう予定なので、そちらも楽しみにしてほしい。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月30日 更新
  1. 約3万円台半ばでペン付きのAndroidタブレット「Lenovo Tab M11」を試す コンテンツ消費には十分なスペック (2024年05月28日)
  2. 税込み5万8800円で買える「10.9インチiPad(第10世代)」の実力を最新iPad Proユーザーが改めてチェックした (2024年05月29日)
  3. パスワードの「定期的な変更は不要」だが注意点も 総務省がサイバーセキュリティサイトで呼びかけ (2024年05月28日)
  4. 総務省がCHUWI(ツーウェイ)を「行政指導」 一部モデルで認証の取得漏れなどが判明 当該機種では「5GHz帯Wi-Fi」は使わないように (2023年04月13日)
  5. まるで“化粧品”な見た目だけじゃない! エレコムのガジェット新ブランド「ILMF」を使って分かったこと (2024年05月28日)
  6. Socket AM5対応の小型ベアボーン「DeskMini X600」がデビューで即ヒット! (2024年05月27日)
  7. 直販では64GBメモリモデルも! パナソニック コネクトが店頭向け「Let's note FV5」にCore Ultra搭載の新モデルを投入 (2024年05月28日)
  8. デル、個人向け/ビジネスPCを特価で提供する「EARLY SUMMERセール」を開始 (2024年05月28日)
  9. マウス、約969gの軽量筐体を採用したCore Ultra搭載14型モバイルノート (2024年05月29日)
  10. 無料で使える「Chrome OS Flex」! どの程度使えるのかを試した (2022年08月10日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー