ニュース
» 2006年07月07日 11時39分 公開

Lenovo、「Coca-Colaモデル」ノートPCを発表

北京オリンピックのスポンサーを務めるLenovoとCoca-Colaの共同ブランドPCは、赤いボディにそれぞれのロゴを配している。

[ITmedia]

 PCメーカーLenovoとCoca-Colaは7月6日、Coca-ColaモデルのノートPCを中国で発売すると発表した。

 この限定モデル「Lenovo F20 iCoke Notebook」は、Lenovoとオリンピックの複合ロゴを配したLenovo初の共同ブランドノートPC。LenovoとCoca-Colaは北京オリンピックのスポンサーだ。

 このマシンは12.1インチディスプレイ、最長8.5時間駆動するデュアルバッテリー、Intel Pentium M778プロセッサ、512MバイトのDDR2 RAM、80GバイトのHDDを搭載し、Wi-Fi、Bluetoothをサポートする。iCoke Chinaサイトに直接アクセスするためのiCokeボタンや、特別にデザインされた壁紙やスクリーンセーバー、デュアルブランドアクセサリも付いている。

 このモデルは両社の新たなライセンス契約の一環だ。この契約の下、Lenovoは2006年7月から限定版Coca-ColaブランドノートPCを開発、製造、流通できる。

オリンピックとLenovoのロゴのほか、各国語版のCoca-Colaロゴがあしらわれている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう