ニュース
» 2007年01月15日 13時00分 公開

2007年春 Vista搭載PC特集:手ごろな価格のラインアップを拡充したノートPC――Prius Note type K

日立製作所は、Windows Vistaを搭載したPrius TシリーズのノートPCを4モデル発表した。

[田中宏昌,ITmedia]
Prius Note Tシリーズのラスタビュー液晶(1灯タイプ)搭載モデルはカラーリングが変更され、キーボードやタッチパッドがグレー、キーボード周りがシルバーになった

 1月15日、日立製作所は2007年春モデルのPrius TシリーズとなるノートPC「Prius Note type K」をリリースした。従来の秋冬モデルに比べ、地上デジタルチューナーを省いたCore 2 Duo T5500(1.66GHz)搭載モデルが追加され、全4モデルに拡充したのが特徴だ。

 詳細なスペックは下記にまとめたが、上位3モデルがサブウーファを内蔵し、OSにWindows Vista Home Premiumを採用するほか、最上位の「PN39K5T」のみUSB接続の外付け地上デジタルチューナーユニットを同梱し(録画はSD解像度のみサポート)、160GバイトのHDDを搭載する。また、ラインアップは2灯式で500カンデラ/平方センチメートルの輝度を持つラスタービューEX2液晶を備えた「PN39K5T」と「PN34K5T」、1灯式で300カンデラ/平方センチメートルの輝度を持つラスタービュー液晶を備えた「PN35K5T」「PN33K4T」に分かれる。

 春モデル共通のトピックは、全モデルに横スクロール対応の光学式USBマウスが付属したことと、垂直磁気記録方式の2.5インチSerial ATA HDDを導入したことだ。

 そのほかの仕様は前モデルをほぼ継承しており、実売価格はPN39K5Tが実売26万円前後、PN35K5Tが同19万円前後、PN34K5Tが同17万円前後、PN33K4Tが同15万円前後となっている。発売は全モデルとも1月30日から行われる予定だ。

左から最上位モデルのPN39K5T、PN34K5T、実売15万円前後のエントリー機PN33K4T。2灯式のラスタービューEX2液晶搭載モデルはボディカラーが黒になっている

Prius Note type Kシリーズの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
Prius Note type K PN39K5T 2スピンドル マイナーチェンジ Core 2 Duo T5500(1.66GHz) 1024MB 160GB Home Premium 26万円前後
PN35K5T 2スピンドル マイナーチェンジ Core 2 Duo T5500(1.66GHz) 1024MB 80GB Home Premium 19万円前後
PN34K5T 2スピンドル マイナーチェンジ Celeron M 420(1.6GHz) 1024MB 80GB Home Premium 17万円前後
PN33K4T 2スピンドル マイナーチェンジ Celeron M 410(1.46GHz) 512MB 80GB Home Basic 15万円前後
Prius Note type Kの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV機能 重量
Prius Note type K PN39K5T 15.4インチワイド(2灯式) 1280×800ドット Intel 945GM 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 地デジ 約2.95キロ
PN35K5T 15.4インチワイド 1280×800ドット Intel 945GM 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 約2.85キロ
PN34K5T 15.4インチワイド(2灯式) 1280×800ドット Intel 945GM 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 約2.95キロ
PN33K4T 15.4インチワイド 1280×800ドット Intel 940GML 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 約2.85キロ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう