特集
» 2007年08月16日 11時00分 公開

真夏のUMPC徹底攻略:第3回 LOOX UとSH6をメディアプレーヤーとして活用する (3/3)

[坪山博貴,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

携帯性重視のU50WNか、万能型のSH6WP10Aか

 本特集では3回に渡って、ほぼ時を同じくして登場したIntel Ultra Mobile Platform 2007採用の超小型ノートPCであるU50WNとSH6WP10Aを多方面から比較した。これらの2モデルは、もともと価格や本体サイズが異なり、メーカーが想定するおもな購買層も違うが、セカンドPCとしてどちらの製品にも興味を持っている人は多いだろう。

 U50WNは携帯性を重視、SH6WP10Aは小型軽量を意識しつつ汎用性に注力、といった個性があり、今回の検証から単純に優劣を付けるべきではないだろう。2製品ともそれぞれに高い魅力を持った旬の超小型ノートPCであることは間違いないのだ。検証結果に関しては、どちらが自分の欲する製品かを判断する材料になれば幸いに思う。

PCであることを感じさせずに持ち歩ける高い携帯性が魅力のU50WN(写真=左)。ノートPCとしては小型ボディに多彩な機能を詰め込んだSH6WP10Aは、ワンセグやWebカメラ、Bluetoothの搭載にも注目(写真=右)

FMV-BIBLO LOOX U50WNとKOHJINSHA SH6WP10Aのスペック
製品名 FMV-BIBLO LOOX U50WN KOHJINSHA SH6WP10A
実売価格(8月16日現在) 15万4800円 11万9800円
CPU Intel A110(800MHz) Intel A100(600MHz)
L2キャッシュ 512KB 512KB
チップセット Intel 945GU Express+ICH7U Intel 945GU Express+ICH7U
メモリ 標準1GB(PC2-3200)/最大1GB 標準1GB(PC2-3200)/最大1GB
メモリスロット オンボード 200ピンSO-DIMM×1(空き0)
液晶ディスプレイ タッチパネル対応5.6インチワイド液晶(LEDバックライト) タッチパネル対応7インチワイド液晶(LEDバックライト)
画面解像度 1024×600ドット 1024×600ドット
グラフィックスチップ チップセット内蔵 チップセット内蔵
グラフィックスメモリ 最大224MB(メインメモリと共有) 最大251MB(メインメモリと共有)
HDD 40GB(1.8インチ) 100GB(2.5インチ)
光学ドライブ
キーボード 日本語56キー 日本語84キー
キーピッチ 14ミリ 15.9ミリ
キーストローク 1.3ミリ 1.5ミリ
ポインティングデバイス スティックポイント+タッチパネル タッチパッド+スティックポインタ+タッチパネル
有線LAN 100BASE-TX/10BASE-T 100BASE-TX/10BASE-T
無線LAN IEEE802.11a/g/b IEEE802.11g/b
Bluetooth Bluetooth 2.0+EDR
サウンドチップ チップセット内蔵 チップセット内蔵
スピーカー モノラル ステレオ(0.5ワット+0.5ワット)
ワンセグチューナー 標準内蔵(データ放送は非対応)
Webカメラ 130万画素(液晶ディスプレイ上部に内蔵)
メモリカードスロット CF TypeII×1、SDメモリーカード(SDHC対応) CF TypeII×1、SDメモリーカード(SDHC対応)/メモリースティック/MMC
USB USB 2.0×1 USB 2.0×2
外部ディスプレイ出力 アナログRGB(D-Sub 15ピン)×1 アナログRGB(D-Sub 15ピン)×1
バッテリー駆動時間 約4時間(標準) 約3.3時間(標準)
バッテリー充電時間 約2.5時間 約2.3時間
バッテリー仕様 リチウムイオン(7.2ボルト2600mAh) リチウムイオン(11.1ボルト2600mAh)
外形寸法 171(幅)×133(奥行き)×26.5〜32(高さ)ミリ 227(幅)×170(奥行き)×25.4〜33(高さ)ミリ
重量 約580グラム 約993グラム
オフィススイート
OS Windows XP Professional(SP2) Windows Vista Home Premium

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう