PC USER Pro
レビュー
» 2007年09月11日 17時50分 公開

人気モデル2台をじっくり攻略:我が家の無線が100Mbpsを超える日――802.11nドラフト2.0の無線LANルータ2機種を試す (6/6)

[織田薫,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5|6       

最高性能のWZR-AMPG300NHか、バランス重視のAtermWR8400Nか

 以上、WZR-AMPG300NHとAtermWR8400Nを使い比べてみた。それでは、最後に各製品がどのようなユーザーに向いているのかを簡単にまとめてみたい。

 まずWZR-AMPG300NHは、有線LANを含めてLAN全体をとことん高速化したい人に強くおすすめしたい製品だ。価格は割高だが、2.4GHz帯と5GHz帯の同時利用やギガビットイーサネットの機能を備えているのは見逃せない。とくに、ギガビットイーサネットのハブが評価中に不安定になることはなく、動作が安定していた点は高く評価できる。

 家庭内LANでは、ブロードバンドルータが中心のハブになるが、ギガビットイーサネットに対応した製品は少ないため、LAN全体をギガビットイーサネットに対応させるのは難しい。しかし、WZR-AMPG300NHを導入すれば、LAN全体をギガビットイーサネット化して無線LANも安定化・高速化できるだろう。

 一方のAtermWR8400Nは、手軽に高速な無線LAN環境を構築したいという人に選んでほしい製品だ。デュアルチャネル通信による高速な無線LAN機能に加えて、らくらくネットスタートとらくらく無線スタートを利用すれば、ネットワークの状態をユーザーが意識することなく、ボタン1つで高速な通信環境が得られる。

 また、マルチSSID機能やインターネット悪質サイトブロックサービスを活用すれば、ニンテンドーDSなどのゲーム機を簡単に接続したうえで、LAN全体のセキュリティ対策も施せるのは魅力的だ。コストパフォーマンスも高く、全体的に高いレベルでバランスよくまとまった製品と言える。

前のページへ 1|2|3|4|5|6       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう