ニュース
» 2009年05月21日 20時35分 公開

Windows 7は「地デジ」と「マルチタッチ」を標準サポート──ただ、DTCP-IPは非対応(2/2 ページ)

[岩城俊介,ITmedia]
前のページへ 1|2       

マルチタッチやジェスチャーもOS標準機能としてサポート

 少々今さら感はあるものの、マルチタッチとジェスチャー操作もOSの基本機能「Windows Touch」としてサポートする。タッチパネルを備えるPCにおいて、マウスと同様の選択(タップ)やドラッグ、スクロールといった機能に加え、払う、つまむといったジェスチャー操作とともに指で画面に触れて操作するシーンを想定するものだ。

 Windows Touchは複数の接触を認識するマルチタッチに対応(同時認識のタッチ数はデバイスやデバイスドライバに依存)し、パン、ズーム、ローテーションといった機能もマルチタッチ操作で行えるようになる。デジタル放送や写真、音楽などのコンテンツ再生機能を担うWindows Media Centerもタッチ操作に対応する。

 ちなみにタッチパネルだけでなく、タッチパッドもAPIとしてマルチタッチやジェスチャー操作に対応できる仕様になっているという。

動画で見る「マルチタッチ」のデモンストレーション

Windows 7のマルチタッチ機能紹介
(表示されない場合はこちらから)


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.