ニュース
» 2009年09月07日 11時53分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:アキバで深夜販売の準備が進行中 (2/4)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

「新しい波が来るときは、引く波のなかの宝にも目を向けてください」――'09年夏の終わりの特価品たち

ソフマップ秋葉原本館のマザー売り場。P45マザーに値下げの札が張られていた

 市場を揺るがす新製品が登場する際は、注目度のピークを過ぎたアイテムが放出特価で安く買えるチャンスでもある。

 P55マザーの登場で売れ行きに影響が出る可能性が高いP45マザーは、すでに多くのショップで底値で売られている。ソフマップ秋葉原本館は「プラットフォームが異なるので、P55マザーが登場したからといってすぐに終息ということはないでしょうけど、価格はこれ以上ないくらいに下がって落ち着いていますね。ある程度枯れたプラットフォームは不具合も解消されていますしラインアップも洗練されます。今後も、より低価格でメインマシンやサブマシンを組みたいという人に支えられると思います」と話していた。

 夏が終わったことで、冷却系パーツの特価品も増えている。9月初旬時点でCPUクーラーなどのワゴンセールを複数のショップで目にしたが、それ以外にもPCケースの放出特価品が目立っていた。TSUKUMO eX.は「PCケースも夏場に購入する人が多く、新製品が多数登場します。9月になると一段落するため、代理店やショップレベルで放出品が出ることはありますね。そうした製品は予想以上に早く売り切れることがあります。Windows 7やインテルの新プラットフォームをきっかけに、新しいマシンを組もうと思っているなら、今のうちに購入するのが狙い目かも」と語る。

BLESS秋葉原本店で数量限定特価となっていたAntecの「Mini-P180」(写真=左)。TSUKUMO eX.が処分特価としていた、サーマルティクの「VH800LBWS」。水冷キット内蔵モデルだ(写真=中央)。Antecの異色ケース「SKELETON」は、半額以上値下げした9980円に。TSUKUMO eX.とGENO工房が同価格で販売していた(写真=右)

 また、Windows 7の登場間際ということもあり、7へのアップグレード権を持たないWindows Vistaを大幅値下げするショップもみられた。フェイス本店では、DSP版のWindows Vista Ultimateが1万6780円(FDDとのセット価格)となっている。そのほかのショップでも「普通の価格だったら、今アップグレード権付きのVistaなんて誰も買わないじゃないですか。でも、(マイクロソフトが)権利を追加するといった処置をとってくれないですし、不良在庫になったらショップが泣きをみる。もう赤字覚悟で放出しようと思っていますよ」という声が聞こえた。

 ちなみに、現在でもWindows XPを扱うショップはわずかに存在しており、全OSのなかでトップ人気となっているというコメントを聞いている。

フェイス本店で見かけたWindows Vistaの大幅値下げPOP。レジにはWindows 7 RC版をつけたVista Ultimate 32bit版の限定パックも2万円で並べていた(写真=左)。GENO工房で見かけたWindows XP。Home Editionも在庫していた(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう