ニュース
» 2012年01月07日 08時47分 公開

週末アキバ特価リポート:激安モードに暗雲か――DDR3メモリは「早めに買ったほうがいいかも」の声 (2/2)

[古田雄介(ぜせ),ITmedia]
前のページへ 1|2       

FX-8150 Special Editionが余裕で買えるかもしれない

3930Kが売り切れ状態のPC DIY SHOP FreeTは、3960Xを購入したユーザーに特製CPUキーホルダーをプレゼントしていた

 各ショップの特価品とともに注目したいのが、ハイエンド系CPUの動向だ。入荷数の少ない人気パーツは、流通がストップするなか大勢の来客を迎える年末年始を過ぎると、入手困難レベルが数段上がるのが普通。しかし、今回は少し事情が違う様子だ。

 コンシューマー向けのCPUで、現在最も入手しにくいのは、インテルのSandy Bridge-E下位となる「Core i7-3930K」。上位の「Core i7-3960X Extreme Edition」が潤沢に出回っている現在、3930Kだけが売り切れとなっているショップは多いが、自社ブランドマシンを手がけているショップを中心に、バルク品の3930Kがある程度ストックされるようになっている。

 CPUクーラーやメモリなどとセットでバルク3930Kを販売しているドスパラ パーツ館は「3960Xは8万円台半ばと高価なので、X79組むなら3930Kと決めている人は圧倒的に多いです。それでもリテール品が全然入荷できないので、バルク品を扱うようになりました。ある程度は数量をそろえているので、すぐに売り切れるということはないと思います」と話す。

 そのドスパラ パーツ館のCPUコーナーに、日本のみ合計500個生産されたというAMDの限定CPUセット「FX-8150 Special Editon」が複数台残っていたのが印象的だった。FX-8150もレアなCPUとして昨年話題になっていたが、年末に入荷した分が現在もある程度在庫されている様子だ。同店は「ある程度需要が満たされた感があるのかもしれません。一方で、『どうせ買えないんだ』とあきらめている人もいると思うので、そういう方にどんどん知らせていきたいです」と語っていた。

※記事初出時、CPUの型番に一部誤りがありました。おわびして訂正いたします。

ドスパラ パーツ館がストックしていた、バルク品のCore i7-3930K(写真=左)。CPUラックに並んだ限定版のFX-8150。少し前ならありえない光景といえる(写真=中央)。ソフマップ リユース総合館のAMD FXキャンペーン。1月9日まで割安価格で購入できる(写真=右)

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう