インタビュー
» 2012年08月07日 16時29分 公開

世界最強のサッカーゲーム、間もなく正式発表のiOS版「FIFA 13」に迫るアメフトのトップ選手も熱狂(2/3 ページ)

[林信行,ITmedia]

日本ではソーシャルゲーム版FIFAがブレイク中

―― それにしても、FIFAだけは本当にほかのサッカーゲームとは、圧倒的に品質のレベルが違いますが、いったいどれくらいの人数で開発しているのでしょう?

Bibey 私のいるカナダのバンクーバーに250人、ルーマニアに100人、東京に25人と、FIFA専属のスタッフだけで400人いますが、これ以外にも、例えば各国語用にローカライズをするスタッフ、マーケティングのスタッフなど、EAというプラットフォームをなしている人の多くがFIFAに関わっています。

 FIFAはEAでもナンバー1のゲームタイトルということで、かつて弊社の社長が「EAの社員は誰もが何らかの形でFIFAに関わっている」と言ったこともありました。まさにその通りだと思います。

―― 日本では、GREEプラットフォーム(Web)で提供しているソーシャルゲーム「FIFAワールドクラスサッカー」が会員数250万人を突破したそうですね。

里吉 おかげさまで「FIFAワールドクラスサッカー」はGREEのタイトルの中では、最も早く100万人を突破し、現在、250万以上のユーザーに楽しんでいただいています。

―― こちらのゲームはどんなきっかけで誕生したのでしょう?

GREE Platform Award 2012で殿堂入りを果たした「FIFAワールドクラスサッカー」

里吉 EAはあらゆるプラットフォームに対して、インタラクティブエンターテイメントを提供しようと考えている会社です。実は最初のころは、ソーシャルゲームに対して懐疑的なところがあったのですが、その後、「やはりソーシャルこそが、これからのエンターテイメントコンテンツの本質だ」と考えを変え、それまでまったく行っていなかったこの分野へ投資を始めました。

 そして、私がいま所属しているソーシャルゲーム会社、Playfishを傘下に収め、ソーシャルゲームの分野でも上位になることを目指しました。その過程で、日本の市場も無視できないだろうと判断し、これまで以上に日本に本腰を入れるようにしました。

 EAはこれまでにも何度か日本市場に注力してきました。ただ、欧米のオフィスから人が来るだけではうまく行かず、「やはり日本のゲームは日本を分かっている人たちが日本で作らなければいけない」ということが今回ようやく伝わって、日本の開発は日本で行うことになったのです。

 最初はmixi向けにPC用ゲームの移植なども試したのですが、日本ではPC用ソーシャルゲームはあまりうまくいかないということを学び、それから数タイトルを出した後、GREE版「FIFAワールドクラスサッカー」を開発する運びになりました。

GREEのタイトルの中で最も早く100万ユーザーを獲得し、現在は250万のユーザーが遊ぶGREE版「FIFAワールドクラスサッカー」

―― 日本で出すのにJリーグでなく、海外のサッカーチームで大丈夫だという公算はあったのでしょうか?

里吉 市場調査をしてみると、他社の製品でも、国内のチームを扱ったものよりも世界のトッププレーヤーで遊べる製品のほうが人気があることが分かってきました。ゲームの開発では日本のソーシャルゲーム市場に精通したgumiさんにも協力してもらいました。そのおかげで、ユーザーの数も今や250万人という大成功を収めただけでなく、この春にはGREE Platform Award 2011で総合大賞、夏のGREE Platform Award 2012では殿堂入りまでいただくことができました。

―― すごいですね。

里吉 Playfishは、Facebookなども支えるAmazonのクラウドサービスを24時間監視体制で運用していたりと、ゲーム開発社として世界最高峰の環境があると自負しています。エンジニアの方はもちろんですが、プロデューサー、プランナー、デザイナーなど幅広い職種の人材を募集しているので、興味のある方は是非、弊社の人材募集のページを見て応募してください(笑)

―― (笑)

(c) 2012 Electronic Arts Inc. EA, EA SPORTS, and the EA SPORTS logo are trademarks of Electronic Arts Inc. Official FIFA licensed product. "(c) The FIFA name and OLP Logo are copyright or trademark protected by FIFA. All rights reserved." Manufactured under license by Electronic Arts Inc. The Premier League Logo (c) The Football Association Premier League Limited 2006. The Premier League Logo is a trade mark of the Football Association Premier League Limited which is registered in the UK and other jurisdictions. The Premier League Club logos are copyright works and registered trademarks of the respective Clubs. All are used with the kind permission of their respective owners. Manufactured under license from the Football Association Premier League Limited. No association with nor endorsement of this product by any player is intended or implied by the license granted by the Football Association Premier League Limited to Electronic Arts. All other trademarks are the property of their respective owners.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.