ニュース
» 2013年09月07日 10時30分 公開

週末アキバ特価リポート:定価の9割引、いやそれ以上か……? サーバ向け製品の「奇跡に近いジャンク市」 (2/2)

[古田雄介(ぜせ),ITmedia]
前のページへ 1|2       

影響が出るとしたら年末ごろ?――メモリ値上がりの懸念が一部で広がる

 9月4日にハイニックスの中国工場で火災が発生した影響で、9月5日にPC用DRAMモジュールの価格が1割以上跳ね上がった。これを受けて、一部のショップに値上がりを懸念してDDR3メモリを駆け込みで買いに来たユーザーがみられたという。しかし、街全体では冷静な見方が広がっている。

photo パソコンショップ・アークのメモリ価格表。全体的に横ばいが続いている

 パソコンショップ・アークは「店頭売価が上がるとしたら、仕入れ値が更新される週明け以降でしょうけど、火災の影響自体はそれほどでもないようですし、他社のDRAMが市場でダブついていることもあるので、店頭売価に反映される前に打ち消される可能性が高いと思います」と語る。メーカーや代理店、ショップのストックといった複数の“クッション”を通過して、店頭価格が変動するには至らないという声が多勢だ。

photo パソコンハウス東映の特価メモリ。「普段通りのお得さです」という

 BUY MORE秋葉原本店も「DRAM価格の上昇がメモリの値段に反映されるとしたら、メモリが市場全体で品薄になるときだから、パソコンの新モデルが大量に生産される年末ごろでしょう。DRAM価格の上昇が長引けばそういった可能性はあると思いますが、もともと値上がりしやすい時期なので、そのときに火災の影響だと明確に言えるかは分からないですね」と話していた。

 今週末にメモリを急いで買う必要性は薄そうだが、長い目で動向をチェックしておくのもいいかもしれない。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう