15.6型コンバーチブルノートなど新シリーズ2機種を投入――「dynabook P75/P54」2014年PC夏モデル

» 2014年06月16日 12時17分 公開
[ITmedia]

15.6型コンバーチブルの新シリーズ「dynabook P75」

 東芝は6月16日、2014年PC夏モデルとして、液晶ディスプレイのヒンジが360度回転する15.6型コンバーチブルノートPC「dynabook P75」と、14型ノートPC「dynabook P54」という2つの新シリーズを投入した。ラインアップはともに1モデルのみで、税別の予想実売価格と発売日は、「P75/28M」が16万円前後で7月下旬、P54/27Mが13万円前後で6月20日となっている。

 dynabook P75は、通常のクラムシェルタイプのノートPCとして以外に、タブレットやスタンド付きタブレットとしても利用できる回転機構を備えているのが特徴だ。タッチ入力に対応する15.6型サイズの液晶ディスプレイは1920×1080ピクセル表示のIPSパネルを採用。CPUが超低電圧版のCore i5-4210U(1.7GHz / 最大2.7GHz)、メモリは8Gバイト、ストレージは1TバイトHDDという構成だ。

ヒンジの回転機構でタブレットスタイルやテントスタイルなど、クラムシェルノート以外の形態で利用できる

 主なインタフェースは、メディアスロット、USB 3.0×3、HDMI出力、音声入出力など。ネットワーク機能として、IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LANとBluetooth V4.0を内蔵するほか、液晶ディスプレイ上部に約92万画素のWebカメラも備える。

 また、タブレットスタイルでの利用も可能なため、電子コンパス、加速度センサー、ジャイロセンサー、照度センサーといった各種センサー類も内蔵する。このほか、harman/kardon製ステレオスピーカーやバックライト付きフレームレスキーボードなども搭載。本体サイズは約382.0(幅)×246.8(奥行)×19.0(高さ)ミリ、重量は約2.3キロ。

左側面にメディアスロットとUSB 3.0、右側面にHDMI出力や2基のUSB 3.0を備える

 OSは64ビット版Windows 8.1、オフィススイートとしてOffice Home and Business 2013もプリインストールされる。

dynabook P75 店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD/SSD OS 実売価格(税別)
dynabook P75 P75/28M 15.6型コンバーチブル (タッチ対応) 新シリーズ Core i5-4210U (1.7GHz / 最大2.7GHz) 8GB (DDR3L) 1TB HDD 64ビット版 Windows 8.1 Update 16万円前後
dynabook P75 店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 光学ドライブ GPU オフィススイート バッテリー駆動時間 (JEITA 2.0) 重量
dynabook P75 P75/28M 15.6型ワイド (タッチパネル) 1920×1080 CPU統合 (HD 4400) Office Home and Business 2013 測定中 約2.3キロ

クラムシェルタイプのスタンダード14型ノート「dynabook P54」

dynabook P75/P54

 一方、「dynabook P54」は14型サイズ(1366×768ピクセル)のスタンダードなノートPCだ。harman/kardon製スピーカーやフレームレスキーボードといった同社らしい特徴を備えつつ、税別での予想実売13万円前後と価格を抑えているのが特徴。

 主な仕様は、CPUがCore i3-4025U(1.9GHz)、メモリが4Gバイト、ストレージが1TバイトHDDとなっている。インタフェースは、メディアスロット、USB 3.0×2、USB 2.0×1、HDMI出力、音声入出力など。ネットワーク機能としてIEEE802.11ac高速無線LANも備える。バッテリー駆動時間は約5.6時間で、本体サイズは約344.0(幅)×242.9(奥行)×19.3(高さ)ミリ、重量は約1.9キロ。

 OSは64ビット版のWindows 8.1。Office Home and Business 2013もプリインストールされる。

dynabook P54 店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD/SSD OS 実売価格(税別)
dynabook P54 P54/27M 14型ノート 新シリーズ Core i3-4025U (1.9GHz) 4GB (DDR3L) 1TB HDD 64ビット版 Windows 8.1 Update 13万円前後
dynabook P54 店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 光学ドライブ GPU オフィススイート バッテリー駆動時間 (JEITA 2.0) 重量
dynabook P54 P54/27M 14型ワイド 1366×768 CPU統合 (HD 4400) Office Home and Business 2013 約5.6時間 約1.9キロ

関連キーワード

dynabook | 東芝 | ノートPC | Windows 8.1


東芝ダイレクト

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月26日 更新
  1. 横幅が約58.2cm! 200%サイズのキーボード&振動するゲーミングチェアの実機が店頭に (2024年05月25日)
  2. サンワのペン型マウス「400-MAWBT202」を試す 充実の多機能、狭い場所で作業できる喜び (2024年05月24日)
  3. 次世代スイッチの主流となるか!? 磁気式アナログ検出スイッチ搭載の75%キーボード「VK720A」を普段使いの視点で試す (2024年05月24日)
  4. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  5. Next GIGAで学習用端末のOSシェアが大きく変わる? PCメーカーやプラットフォーマーの動き【後編】 (2024年05月23日)
  6. Philips、Type-C接続に対応したスタンダード23.8型/27型フルHD液晶ディスプレイ (2024年05月24日)
  7. SIEが自社製「nasne」のサポート業務を7月25日で終了 一部機能も2027年7月末までに提供終了 録画番組はバッファロー製に移行可能 (2024年05月24日)
  8. スポットライトも内蔵! 屋外監視に適したネットワークカメラを試す (2024年05月17日)
  9. 「LPCAMM2」でオンボードメモリがなくなるかも? Micronがプッシュする新型メモリモジュールのメリット (2024年01月19日)
  10. JBL、Type-C有線接続型のハイレゾ対応オープン型イヤフォン「JBL TUNE305C」 (2024年05月23日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー