ニュース
» 2014年09月11日 16時52分 公開

林信行がAppleイベントで感じたこと:「Apple Watch」はアップル新時代の象徴 (2/2)

[林信行,ITmedia]
前のページへ 1|2       

アップル新時代の象徴

 Apple Watchは、ティム・クック氏がCEOになってから初めて発表する新カテゴリーの製品だ。

新体制で初めて新しいカテゴリの製品を投入したアップル。「Apple Watch」はiPhoneの連携コンパニオン製品だ。インターネット接続などはすべてiPhone経由で行なう。電話を受けたり、かけたりする機能があるが、これもApple Watchを、iPhoneを通した電話のやり取りの受話器替わりにしているに過ぎない。なお、通話は腕を口元に近づけて話すこともできれば、Bluetoothヘッドセットを通して行なうことも、iPhone(やそれにつないだヘッドホンマイク)で通話をして、電話機能の操作だけApple Watchから行なう、など分かりやすい操作で柔軟な活用ができる。音楽系の機能も同様だ

 アップルは1998年のiMac発表以来、ほぼ3年に1度のペースで、それまでになかった新カテゴリー製品を発表しては新しい市場を生み出してきた。

 例えば、2001年はデジタルミュージックプレーヤー市場を生み出した「iPod」、2003年は世界で最も多くの音楽を販売している「iTunes Music Store」、2007年はスマートフォンのトレンドを生み出した「iPhone」、そして2010年はタブレットというカテゴリーを生み出した「iPad」。

アップルは2001年の「iPod」からほぼ3年周期で革命的な製品やサービスを投入してきた

 その後、スティーブ・ジョブズが他界し、ティム・クックが後任のCEOとなってから、既存カテゴリー製品の年次更新はあった。その1つ1つが製品としてよく考え抜かれていることに疑いはないが、それまで3年に1度の「革命」のリズムを見てきた業界通や投資家たちは、少しずついらだちを募らせていたかもしれない。

 しかし、スターデザイナー、マーク・ニューソンを迎え入れたことで、大きくリフレッシュがかかったデザイン部門や、正式発表まで一切ウワサを外に漏らさず周到に準備してきたパートナーシップ、そして初代Macや初代iMacが発表された意味深い発表会場での気合いの入った製品発表会で、ティム・クック氏はかなり大きな信頼を得たのではないかと思う。

 Apple Watchは、なんだかんだいってもiPhoneと連れ添うコンパニオン製品であり、iPhoneなしの単体では、本来の魅力を発揮できない。そのため、iPhoneの台数を上回る大ヒットになることはない。しかしそれでも、今後大勢の人の暮らしぶりやコミュニケーションのあり方を変えていくことだろう。

 そしてこれまでLINEを利用したいという理由でスマートフォンに乗り換える人がいたように、これからはApple Watchのコミュニケーションを体験するためにiPhoneに乗り換える人も出てくるはずだ。

 今回発表されたApple Watchは、過去アップルが投入したすべての新カテゴリー商品がそうだったように、新しい時代のアイコンになることは間違いない。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう