「Surface Book 2」と「Surface Pro 5」の登場を控えてキーマンは去る鈴木淳也の「Windowsフロントライン」

» 2017年01月27日 06時00分 公開

 2016年10月に開催された米Microsoftの新製品発表イベントでは、28型大画面の液晶一体型デスクトップPC「Surface Studio」と、全く新しいダイヤル型の入力デバイス「Surface Dial」、そして仕様強化した「Surface Book」のハイエンドモデルが登場した。

 次のアップデートはより多くのユーザーが期待しているフルモデルチェンジの「Surface Book 2」と「Surface Pro 5」になるだろう(実際の製品名は不明だが)。

Surface 現行モデルの「Surface Book」(手前)と「Surface Pro 4」(奥)

Surface BookとSurface Pro 4を値下げする背景

 以前紹介した通り、これら2製品はWindows 10の次期大型アップデート「Creators Update」が配信開始となる2017年3〜4月に合わせて発表されるとの予想が優勢だが、それを示唆するような動きが見えつつある。

 それは、世界的に「Surface Book」の割引キャンペーンが活発化していることだ。米国、英国、オーストラリアなどでは200米ドル近いディスカウントが行われており、日本でも2万5000円のキャッシュバックが2月12日まで実施されている。キャッシュバック対象のモデルはCore i5プロセッサ、8GBメモリ、128GB SSDの構成で、参考価格は18万5800円(税別、以下同)だ。

Surface 日本マイクロソフトでは「Surface Book」の2万5000円キャッシュバックキャンペーンを実施中

 また、1月16日には「Surface Pro 4」の価格も改定された点に注目したい。エントリーモデルは1万3000円値下がりし、個人向けが11万1800円、法人向けが9万8800円となった。ハイエンドモデルに至っては7万8000円も値下がりし、個人向けが27万1800円、法人向けが25万8800円で購入できる。

Surface 「Surface Pro 4」の新価格一覧

 Microsoft自身がアナウンスしたわけではないが、こうしたキャンペーンが集中的に行われる場合、その後継機など新製品の登場が間近に迫っているケースも多い。

 Surface Bookの後継機はボディーが大幅に変更されるとうわさされており、デザイン面で過去2年に大きな変化がなかったSurface Proにも何らかの手が加えられる可能性が高いとみている。キャンペーン終了後から3月にかけて、より詳しい情報が出てくるだろう。

日本でおなじみのSurface担当者が退社

 ただ、Surfaceに関して1点残念なニュースがある。これまで日本のSurface発表イベントには必ず来日し、同製品の顔として活躍していた米Microsoftのブライアン・ホール氏が退職したのだ。同氏は米MicrosoftでSurface & Windows Hardwareセールス&マーケティング担当のジェネラルマネージャーを務めていた。

Surface 2016年11月にパートナーらとの会合で来日した際のブライアン・ホール氏

 ホール氏は、米カリフォルニア州サンフランシスコのスタートアップ企業であるDoppler LabsのCOOに就任する(Doppler Labsの紹介や経緯については、同氏がブログで報告している)。

 米Microsoftで同氏の後任が誰になるのかは分からないが、日本でSurface Book 2およびSurface Pro 5の発表会が開かれる日を楽しみに待ちたい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月25日 更新
  1. 次世代スイッチの主流となるか!? 磁気式アナログ検出スイッチ搭載の75%キーボード「VK720A」を普段使いの視点で試す (2024年05月24日)
  2. サンワのペン型マウス「400-MAWBT202」を試す 充実の多機能、狭い場所で作業できる喜び (2024年05月24日)
  3. Next GIGAで学習用端末のOSシェアが大きく変わる? PCメーカーやプラットフォーマーの動き【後編】 (2024年05月23日)
  4. 計400台の限定販売! スター・ウォーズのBTスピーカー兼スポットライト「albos Light&Speaker STAR WARS Edition」の実物をチェック (2024年05月23日)
  5. SIEが自社製「nasne」のサポート業務を7月25日で終了 一部機能も2027年7月末までに提供終了 録画番組はバッファロー製に移行可能 (2024年05月24日)
  6. JBL、Type-C有線接続型のハイレゾ対応オープン型イヤフォン「JBL TUNE305C」 (2024年05月23日)
  7. ワコムが有機ELと出会ったら……極薄で最軽量液タブ「Movink 13」をプロ絵師が試したぞ! (2024年05月22日)
  8. Next GIGAで何が変わる? 文科省が「学習用端末」の要件や補助スキームの変更などを行った理由【前編】 (2024年05月16日)
  9. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  10. Microsoftが「新しいAI PC」の要件を発表 40TOPS以上のNPU搭載が“必須”に (2024年05月21日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー