連載
» 2017年12月19日 06時00分 公開

ソニーのスマートスピーカー「LF-S50G」と「Google Home」を比較して分かったこと山口真弘のスマートスピーカー暮らし(3/3 ページ)

[山口真弘,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

結論は?

 以上のように、LF-S50GはGoogle Homeでできる機能を網羅した上で、スピーカーとしてプラスアルファの性能を持った製品だ。個人的にはジェスチャー操作は決して使いやすいと思わないのだが、手がぬれたままでも使えるなどのメリットがあるのは事実で、この辺りは好みによるところだろう。

 ちなみに、Bluetoothの外部スピーカーとして使用した場合も、音の遅延がほぼ皆無なのは隠れたメリットだ。対応コーデックはSBCのみなので、遅延に関してはあまり有利と言えないはずだが、iPadおよびAndroidタブレットと接続して外部スピーカーとして使った限りでは、有線のヘッドフォンと何ら違いが分からないレベルで、動画再生にも十分対応できた。

 次回紹介するオンキヨーのG3では明らかな遅延があるだけに、スマートスピーカーをテレビやプロジェクターの外部スピーカーとして使うことも視野に入れているならば、LF-S50Gを選択する価値は高い。後はGoogle Homeに比べてプラス1万円の2万5000円前後(税別)という実売価格を、どう判断するかだろう。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう