ニュース
» 2019年09月17日 12時00分 公開

古田雄介のアキバPick UP!:Windows 10、最近は自作でもリテール版Homeが主流 (4/4)

[古田雄介,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

Intel現行世代最安5500円の「Celeron G4930」が店頭に並ぶ

 CPUでは、Intelから2コア2スレッドの「Celeron G4930」が登場している。Intel UHD Graphics 610内蔵で価格は5500円前後。クロック数は2018年4月登場の「Celeron G4900」から100MHzアップの3.2GHzとなる。

 入荷したTSUKUMO eX.は「Intel CPUのエントリーモデルの系譜ですね。一定の需要はあると思います」と話していた。

Celeron G4930 Intel「Celeron G4930」
Celeron G4930 TSUKUMO eX.の価格表

 マザーボードで目立っていたのは、クリエイター向けをうたうASRockのX570モデル「X570 Creator」。価格は6万900円前後となる。

 14フェーズの電源回路やDr.MOS、長寿命ファンをチップセットクーラーに備えるなど高耐久な作りで、Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)やThunderbolt 3などが使える。その他、10GbEを搭載し、PCIe 4.0対応のM.2スロットも2基そろえている。

 パソコン工房 秋葉原BUYMORE店は「ゲーミングモデルのように基板にイルミネーションLEDをあえて載せない、という方向性がはっきりしたマザーボードですね。第3世代Ryzenでクリエイターマシンを作りたいという人には良い選択肢だと思いますよ」という。

X570 Creator
X570 Creator ASRock「X570 Creator」
前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう