ニュース
» 2019年10月28日 12時00分 公開

古田雄介のアキバPick UP!:待望のグラフィックス内蔵Core i3登場も静かな空気 (1/4)

Intelから「Core i3-9100」と「Celeron G4950」が登場し、下位CPUの層が厚くなった。また、新型Core-X対応をうたうX299マザーの予約もスタートしている。さて、アキバの空気は……?

[古田雄介,ITmedia]

 先週、複数のショップにIntelの新CPU「Core i3-9100」と「Celeron G4950」が入荷した。価格は1万6000円前後と8000円弱となる(税込み、以下同)。

Celeron G4950 Intel「Core i3-9100」(左)と「Celeron G4950」(右)
TSUKUMO eX. TSUKUMO eX.のIntel製CPU価格表

Core i3-9100が1.6万円、Celeron G4950が8000円弱で店頭に並ぶ

 Core i3-9100は4コア4スレッドのCPUで、クロック数は3.6GHz(最大4.2GHz)で動作する。TDPは65Wで、第9世代のCore i3としては初の内蔵グラフィックスモデルだ。Celeron G4950はグラフィックス内蔵の2コア2スレッドモデルで、9月に登場した「Celeron G4930」の上位モデルとなる。TDPは54Wで変わらないが、クロック数は3.3GHzと100MHz上ほど高い。

 中でも注目されているのはCore i3-9100だ。前世代の「Core i3-8100」がエントリークラスで根強い人気を誇ったことから、後継を待ち望む声はしばしば耳にしていた。しかし、ショップのコメントにはどこか曇りがかったものが多かった。

 あるショップは「今はRyzenが強いですから、この価格だとシェアを取り戻すほどのパワーがあるか微妙かなと。グラフィックスカードなしでIntelマシンを組むのにちょうどいいのは確かなんですけどね」と話していた。別のショップも「1年前の枯渇で大変だった時期とは違うんですよね……」と物憂げな表情を浮かべる。

 実際、Core i3-8100は品薄傾向が続く中で、通常版よりも高価な並行輸入品が出回るほどの需要があり、入荷したらTwitterで告知されたり、レジ前にPOPが貼り出されたりしていた。当時とはいろいろと状況が異なるようだ。とはいえ、価格を抑えて自作する選択肢が広がったことを歓迎する声も聞く。今後の売れ行きに注目していきたい。

TSUKUMO eX. 2018年12月のTSUKUMO eX.価格表。Core i3-8100の並行輸入品が売り出されていた

 アキバでは、今後登場するであろうCPUの影が色濃い。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう