ニュース
» 2019年11月25日 12時00分 公開

古田雄介のアキバPick UP!:ダメ着にフロアマット――アキバで広がるPC周辺アイテムの世界 (2/4)

[古田雄介,ITmedia]

Athlon 3000G&Core i5-9500Fが登場――TRやX情報に進展なし

 CPUは、AMDとIntelの両陣営から新製品が登場している。

 AMDからは2コア4スレッドの「Athlon 3000G」が登場した。GPUにRadeon Vega 3 Graphicsを採用し、TDPは35Wとなる。価格は8000円弱だ。

 パソコン工房 秋葉原BUYMORE店は「クロック倍率がアンロックになっているので、オーバークロックを楽しみたい人にもいいかもしれません」と話していた。

Athlon 3000G AMD「Athlon 3000G」

 一方のIntelは、6コア6スレッドモデル「Core i5-9500F」を投入した。既に出回っている「Core i5-9500」のGPUなしモデルという位置付けで、TDPが65Wである点やCPUクロックが3.0GHz(ブースト最大4.4GHz)である点は変わらない。価格は無印より2000円ほど安く2万3000円前後となる。

 パソコンSHOPアークは「人気のCore i5-9600KF(2万8000円前後)よりももう一段階安く、性能もそれなりに求めたいという人にちょうどいいですね」と評価する。

Core i5-9500F Intel「Core i5-9500F」
Core i5-9500F パソコンSHOPアークのIntel製CPU価格表

 なお、次世代のRyzen Threadripperや次世代Core Xの情報については先々週からほとんど変化していない。Ryzen Threadripperは11月末登場が濃厚だが、Core Xの登場時期はいまだ不透明という。

 某ショップは「いずれにしろ、どちらもそこまで潤沢な入荷は見込めないんじゃないかと思います。ただ、クラス的に取り合いが起きるのかは予測できないところがあります」と話していた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう