プロナビ
連載
» 2019年12月26日 12時00分 公開

Windowsで振り返る2019年、そして2020年の姿Windowsフロントライン(2/4 ページ)

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]

Windows 10 Mobileにロスタイム?

 このWindows 7のEOSに先立つ形で、「Windows 10 Mobile」のサポートが2019年12月10日終了した。Microsoftが用意しているFAQによれば、「同日時点でセキュリティ関連を含む全てのアップデートや無料サポートの提供が終了し、今後はサードパーティー経由あるいは有償で提供されるサポートに移行する」となっている。

As of December 10, 2019, Windows 10 Mobile users are no longer eligible to receive new security updates, non-security hotfixes, free assisted support options, or online technical content updates from Microsoft for free. Third parties or paid support programs may provide ongoing support, but it is important to recognize that Microsoft support will not publicly provide updates or patches for Windows 10 Mobile.

 いろいろ使いにくい部分は多かったが、それなりに利用していたWindows 10 Mobile(含むWindows Phone)には相応の愛着はある。ただ、今後のサポートが望めない時点でデバイスとしてはこれで終了となる。

 一方で、Neowinなどが指摘しているが、同日付でWindows 10 Mobile向けに配信されたセキュリティアップデートの中に下記のような文章が含まれており、「あれ? 2019年12月10日時点でサポート終了したんじゃなかったっけ?」と、「2020年1月14日にサポート終了」の表記を見て疑問に思ってしまう。

Windows 10 Mobile, version 1709 will reach end of service on January 14, 2020. Devices running Windows 10 Mobile and Windows 10 Mobile Enterprise will no longer receive monthly security and quality updates that contain protection from the latest security threats.

 おそらく、これはサポート期間のロスタイムでも何でもなく、単に文章の日付を書き間違えてチェックが漏れただけだと考えられるが、たまにこういう情報が出てきて少しユーザーを混乱させてくれるから面白い。

 例えばNeowinが同じ記事でも指摘しているが、「2020年1月14日に延長サポートが終了するWindows 7向けのChromium Edgeが翌1月15日にリリースされる予定」という、なんとも奇妙な構図があったりする。Windows 7向けChromium Edgeが、このタイミングでリリースされる意義を筆者はよく分かっていないが、幅広い製品ラインアップを抱えるMicrosoftならではの妙なのかとも思ったりしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう