ニュース
» 2020年02月08日 06時01分 公開

古田雄介の週末アキバ速報:メモリやSSDの値上がり、PCパーツの品薄が新生活準備シーズンを直撃する恐れも (1/2)

春節休みの延長は、秋葉原電気街にも影響を与えている。今週末はまだ目立った品切れ傾向は見られないが、「新生活準備シーズンはまずいかも……」との声が、深刻なトーンで聞こえてくるようになってきた。

[古田雄介,ITmedia]

 新型コロナウイルス対策の影響で、今週も電気街の人通りは気持ち少なめだ。中華系の観光客の姿をあまり見かけないのは先週と変わらない

「SSDとメモリの値上がりは正直加速した印象です」

 ただ、PCパーツショップから聞こえてくる懸念は、眼前の光景の変化ではなく、1カ月程度先の未来についてだ。

 あるショップは「春節休みの影響で、仕入れをかけても代理店レベルで止まっているのが現状です。台湾メーカーでも工場が中国にあるところも多いですし、相当な数の新規発注ができない状態になっています。このままでは、2月下旬には品切れでスカスカになる棚も出てきてしまいそうです」と明かす。

 今週は、まだ極端な品切れや購入制限のPOPなどは見かけなかったが、多くのショップは「時間の問題」と語る。別のショップは「春節休みが終わっても、流通が元通りになるのはもう少しかかるでしょう。現状でも、新生活準備シーズンはかなりシビアになる可能性が高いと思います。新生活に向けてマシンを新調するなら、今のうちにパーツをそろえるのがお勧めです」と話していた。

 年明けからメモリやSSDの値上がりがじわじわと続いており、今回の春節休み延長によって、その傾向が加速したとのうわさもある。それでも、2019年8月にあった高速DDR4の品薄傾向のような極端な動きは出ていない。近いうちにPCの新調やパーツの更新を考えているなら、やはり今のうちに準備するのが得策かもしれない。

TSUKUMO eX. TSUKUMO eX.のDDR4メモリ価格表。全般的に値上がりしているが、品切れは目立っていない
ドスパラ秋葉原本店 ドスパラ秋葉原本店のメモリとHDD、SSDの価格表。同様の傾向が見られる

 そんな中で、季節外れのグッズが登場した。

 

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう