「Razer Blade Stealth 13 Mercury White」のIris Plus Graphicsでゲームを試して分かったことゲーミングPCの道(2/4 ページ)

» 2020年03月19日 12時00分 公開
[作倉瑞歩ITmedia]

グラフィックスのパフォーマンスは?

 次にテストしたのは、ゲーミングに関連する3D回りのベンチマークテストである「3DMark」だ。ここからは比較用マシンBに搭載されているIntel UHD Graphics 620での測定結果を、GeForce MX250搭載の比較用マシンB'として見ていく。

 まずはDirectX 12の性能を測るTime Spyから。結果を見ると明らかなように、CPUの性能を示すCPU ScoreではGeForce MX250を上回る性能を示しており、確かにIris Plusはこれまでの統合型グラフィックスとは違うようだ。DirectX 11の性能を計測するFire Strike Extreme、Fire Strikeでも同じ傾向であることが分かる。

 統合型グラフィックスにおけるDirectX 12の性能を測るNight Raidでは、Graphics Scoreが比較マシンBよりも低い値だが、CPU性能が勝っており、トータルではほぼ同じだった。この傾向はスペックの低いPC向けのSky Diverでも同じだ。

 これらを総合すると、これまでのIntel UHD Graphicsよりも、確かにIris Plusの実力は段違いだ。とはいえ、GeForce RTXシリーズのような、満足感のあるゲーミング体験ができるかというと、そうでもなさそうだ。比較用マシンBが装備するGeForce MX250といい勝負、といったところだろう。

Razer Blade Stealth 13 Mercury White Time Spyの結果
Razer Blade Stealth 13 Mercury White Fire Strike Extremeの結果
Razer Blade Stealth 13 Mercury White Fire Strikeの結果
Razer Blade Stealth 13 Mercury White Night Raidの結果
Razer Blade Stealth 13 Mercury White Sky Diverの結果

本格的にゲームソフトをプレイしてみる

 ではここからがメインイベントだ。実際にゲームソフトを使ってみよう。

 テストとしては、「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク」と「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク」(以下、FFXIVベンチ)を使ってみたが、FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマークはどの解像度でも「動作困難」と判定されたため、テスト結果として掲載するのはFFXIVベンチのみとした。

 結果を見るとIris Plusは、GeForce MX250よりも悪いスコアとなっている。FFXIVベンチではDirectX 11が使われているので、それは先ほどの3DMarkのテストとしてはFire Strikeと同様だ。ただし、Fire StrikeではStealth 13と比較用マシンBはほぼ同様のスコアだ。これらを合わせて考えると、ドライバの問題で性能が低くなっているという考えもできる。画質によっての差もスケーラブルなので、おそらくドライバの問題だろう。

Razer Blade Stealth 13 Mercury White 「FFXIVベンチ」の結果
Razer Blade Stealth 13 Mercury White 「FFXIVベンチ」の画面
Razer Blade Stealth 13 Mercury White 魔法を打つ様など、見ているだけで楽しい

 続いて、ゲーム中のフレームレート測定結果だが、以前比較用マシンBをテストしたときには、「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」と「ファイナルファンタジーXIV」、「エースコンバット7 スカイズ・アンノウン」を試した。

 今回のRazer Blade Stealth 13 Mercury Whiteは、PUBGだと全然話にならず、ファイナルファンタジーXIVとエースコンバット7はそこそこなフレームレートとなり、がっつりとした3D体験はできないものの、軽いソフトであれば十分楽しめるだろう、というところだった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月30日 更新
  1. 約3万円台半ばでペン付きのAndroidタブレット「Lenovo Tab M11」を試す コンテンツ消費には十分なスペック (2024年05月28日)
  2. 税込み5万8800円で買える「10.9インチiPad(第10世代)」の実力を最新iPad Proユーザーが改めてチェックした (2024年05月29日)
  3. パスワードの「定期的な変更は不要」だが注意点も 総務省がサイバーセキュリティサイトで呼びかけ (2024年05月28日)
  4. まるで“化粧品”な見た目だけじゃない! エレコムのガジェット新ブランド「ILMF」を使って分かったこと (2024年05月28日)
  5. 総務省がCHUWI(ツーウェイ)を「行政指導」 一部モデルで認証の取得漏れなどが判明 当該機種では「5GHz帯Wi-Fi」は使わないように (2023年04月13日)
  6. 気軽でカラフルなヘッドセットもいいぞ! ビデオ会議でも役立つロジクールの無線モデル「Zone 300」を試す (2024年05月29日)
  7. 会話が禁じられた謎のメタバース空間「ぷらっとば〜す」なぜ炎上? 内閣府の孤独・孤立対策強化月間企画だが…… (2024年05月30日)
  8. Socket AM5対応の小型ベアボーン「DeskMini X600」がデビューで即ヒット! (2024年05月27日)
  9. ウエスタンデジタルの大容量HDDやUSB Type-C対応USBフラッシュメモリーがお得 (2024年05月29日)
  10. 無料で使える「Chrome OS Flex」! どの程度使えるのかを試した (2022年08月10日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー