ニュース
» 2020年03月30日 12時00分 公開

古田雄介のアキバPick UP!:「100万円コースですね」――Ryzen TR向けROGマザーのウルトラハイエンドモデルが登場! (1/4)

オーバークロック時の安定性が増したマザーボード「ROG Zenith II Extreme Alpha」が店頭デビュー。AMD製CPUは一部を除いて供給状況が上向いており、最強マシンを組むための物流的なハードルは上がっていないという。予算面は別だけど。

[古田雄介,ITmedia]

 先週、第3世代Ryzen Threadripper向けのE-ATXマザーボード「ROG Zenith II Extreme Alpha」がASUSTeKから登場した。2019年11月に売り出された「ROG Zenith II Extreme」の強化モデルで、電源回路が90A対応となり、オーバークロック(OC)環境での安定性を向上させているのが特徴だ。価格は登場時ベースで据え置きとなる9万2000円前後(税込み、以下同)となる。

ROG Zenith II Extreme Alpha ASUSTeK「ROG Zenith II Extreme Alpha」のパッケージ
ROG Zenith II Extreme Alpha 8基のメモリスロットを備え、最大256GBまで増設可能だ

ハイエンド系は意外とあるけど3400Gだけはどこにもない

 入荷したTSUKUMO eX.は「Ryzen Threadripper 3990Xあたりと組み合わせて最強構成にする人に向いていますね。その上で、OCを楽しみたいなら強い味方になりそうです」と評価。オリオスペックも「50万円のCPU(3990X)やフルレーンを使ったGPU構成に最適な仕様なので、自ずとトータル100万円超のマシンになりそうですね」とため息を漏らしていた。

 これから一式組むとなると、気になるのは各パーツの在庫状況だ。ただ、街の空気感とは別に、物流はやや回復傾向にあるとのコメントを複数聞いた。

 パソコン工房 秋葉原BUYMORE店は「板モノやCPUなどの高価なパーツは航空便、大物は船便で国内に入ることが多いですが、どちらも普段より道が狭くなっています。ですが、生産自体はメインストリームなどにリソースを集中することで、定番モデルあたりから回復傾向にあるようです」という。

ROG Zenith II Extreme Alpha パソコン工房 秋葉原BUYMORE店のマザーボード売り場

 加えて、「欧米に出荷予定だったモノが、こちらに回ってきたという短期的な事情もあるようで」(同店)、各パーツのストックが、ある程度回復している様子がいくつかのショップで確かにみられた。

 ただ、主流であってもピンポイントで入手困難なままのモデルもある。象徴的なのがAMDの「Ryzen 5 3400G」だ。先週末時点で多くのショップで在庫切れとなっている。その他にも、Corsair製メモリや650W前後の1万円以下の電源ユニットなどは深刻な品薄を伝えるコメントを聞いている。

 それでも、ある程度の予算規模や性能面の範囲内で組むなら、一式組む困難さは多少和らいだといえるかもしれない。

Ryzen 5 3400G 同店のCPU価格表

 マザーボード以外の周辺機器も、新顔が店頭に並んだ。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう