ニュース
» 2020年03月23日 15時00分 公開

古田雄介のアキバPick UP!:1.8万円のREALFORCE初のマウスがアキバに登場&大人気 (1/4)

REALFORCEブランド初のマウスが、初回から好調に売れている。同じく新登場となるASUSTeKのPCIe 4.0対応M.2拡張カードがコアなユーザーの注目を集めた。

[古田雄介,ITmedia]

 先週、複数のショップで話題になっていたのは、東プレから売り出された有線マウス「REALFORCE MOUSE」だ。左右のクリックボタンにREALFORCEキーボードのキースイッチと同じ、無接点静電容量スイッチを採用しているのが特徴となる。光学センサーには「PixArt PMW3360」を採用しており、スクロールホイールと2つの左側面ボタンを備える。ロゴ部分は7色で発光色を変えられ、価格は1万8000円前後(税込み、以下同)だ。

REALFORCE MOUSE パソコンSHOPアークに並ぶ「REALFORCE MOUSE」のパッケージ
REALFORCE MOUSE REALFORCE MOUSEの利用イメージ

独特のクリック感でハマる人が多そう――REALFORCE MOUSEが話題

 マウスとしては高価な製品ながら、発売と当時に好調に売れているショップが多い様子だ。

 パソコンSHOPアークは「ゲーマーさんを中心に注目されていますね。キーボードと同じく独特の入力感があるので、ハマる人はとことんハマるんじゃないでしょうか」という。パソコン工房 秋葉原BUYMORE店も「REALFORCEらしい作り込みで、ケーブルが細くて取り回しがしやすいですし、耐久性も高い。今後じわじわと購入層を広げていきそうなモデルだと思います」と高く評価していた。

 既に初回入荷分は売り切れたというショップもあり、街全体でみると品薄傾向が高い状況になっている。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう